【怪文書】注文の多い食堂

注文の多い食堂

大森「よう、久しぶりだな」
小森「おぉー、同窓会以来か」

大森「お前んとこ子供産まれたんだって?」
小森「そうなんだよ。かわいいぞ子供は。まさに食べちゃいたいくらいかわいいってやつだ」

大森「まさかお前がちゃんと小森してるなんてなぁ、想像できないな」
小森「ははは。大森もそのうちパパになるだろ」

大森「俺?いや、なれないな。なんせ仕事以外殆ど挽き小森してるし」
子守「なんか趣味とかないの?」

大盛り「趣味かぁー、唯一の楽しみは食べることかな」
小盛り「あいかわらずだな。小食の俺は大森は無理だ」

大盛り「飯でも行くか?」
小盛り「そうだな。飯食いに行こう」

店員「いらっしゃいませ。五名様で?」
大盛り「子守、お前はどうする?俺は大森だけど」
子守「俺は小森かなぁ」
大森「すみませーん、並、2つ」
大盛り「すみませーん、子守と大森ひとつずつ」

店員「只今子守と大森はきらしていまして…少々お時間をいただければ調理でいたします。それではお客様方、まずはこちらのクリームをお塗りいただいてよろしいでしょうか?」

 
  • 匿名

    並二つ頼んだ大森誰だよ(笑)

     
  • 匿名

    ぽかーん…

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★