【怪文書】酷暑

酷暑

仕事に関しては、私はどちらかというと、俗に言うイエスマンではない。

うなずくこと…大抵は上司の命令でイエスと言わされたりするけど、その後は決まって、後悔する。
強制的にハイと言わされてしまったことを後悔して、うつむいてひどく落ち込むこともある。

そんな私を癒してくれる優しい彼。
彼は下を向いてる私の顔を優しく両手で包み「下ばかり見ないで。前を向こうね」と、キスするかのように目線を合わせてくれる。

私としては仕事はがんばってるつもりだが、時に怠けてると思われ足を踏みつけられたりする。
踏みつけられると、私は全力で仕事をせざるを得ない。

今年の夏も首を縦に振るより、横に振ることの方が多かったな、と思う。

 
  • サーキュレーター

    扇風機っすね

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★