【心温まる霊】心配性な母の四十九日

心配性な母の四十九日

574 本当にあった怖い名無し 2006/06/11(日) 22:40:43 ID:TfWIh84JO

私が中学生の時。受験真っ只中、母がくも膜下出血で入院‥そのまま亡くなってしまいました。

その日の夜。最後に家族みんなで一緒に寝よう、と姉が提案し、母を囲んで布団を敷き思い出話をしていました。

夜が明ける少し前、父と母の寝室(仏間の隣にある)からゴトっと物音がしました。
結構大きな物音だったので私が様子を見に寝室に行くと、箪笥の上に置いていたアルバムをまとめてしまっていた箱が落ちていたらしい。

その中から写真が一枚飛び出していた。ちょうど私達が思い出話しをしていた旅行先の写真。
裏を見るとママンの字で「ありがとう。私は幸せものだわ」と書かれていました。

私は泣きながら父と姉に報告、「ちゃっかり会話に参加してたんだな。でもこれ、いつ書いたんだ?つい最近写真整理した時には書いてなかったんだが‥」と父がぽつりと言いました。

心霊じゃないかもだけど、今でも不思議でしょうがない体験です。

実は、まだ続きがあるんです。母の火葬~四十九日の間、不思議なことが度々‥

火葬の前夜、父の喪服のネクタイがしまってある箪笥があいていたり(父がちょうど探していて見付からなかった)
仏間に置いていた母の好物のお菓子、家族・親戚一同手をつけていないのに封が開いて量がちょっと減ってたり。

四十九日中、私の高校受験当日には、母がいつ買ったのか、合格祈願のお守りが居間の床に落ちてたり
母が書きとめた料理のレシピノートが出てきたり‥

四十九日を過ぎてからはぱったり、「不思議な出来事」はなくなりました。
「ほら、ネクタイここにあるわよ!」「お守り買ったんだから持っていってw」「父さんのためにウマイ料理作りさいよw」て、母の声が聞こえてきそうな出来事ばかりでした。

ママン、とても心配症だったから最後まで私たち家族の面倒見てくれたのかな。
心配させてしまってゴメンネ‥。゚(゚´Д`゚)゚。

出典:http://toro.2ch.sc/occult/

 
  • くるみちゃん

    ちょっとせつなくていいお話ですね。泣けました。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★