【怪談】またもの入院で/HN:やまっち妻

またもの入院で/HN:やまっち妻

貧血で2日ほど病院入りしました。ずっと輸血や点滴の管が付きっぱで、非常に鬱陶しかったです。

まあ、可愛く溌剌とした看護婦さんが「今日担当の山田でーす」みたいに来てくださるのが、せめても目の薬。

ところで、看護婦さんは、夜中に幾度かカーテンを開けて、様子を覗きにきます。

その深夜2時半頃。寝付けず、あやとりをしていた私のところに見廻りが。

山田さんかな?と思い寝たフリをしながら、そちらをそっと布団の陰から見ると

…看護婦さんには顔がありませんでした。のっぺらぼう。

さらに近付いてくるソレ。その時ケータイ。取りました。夫でした。「すぐ!ナースコール」。

私は、布団の真上にじわじわと来ているソレを無視しながら、ボタンをしました。

担当山田さん即参上、と、同時にのっぺらぼうは消えました。

夫は翌日私を退院させました。「治療どころか死ぬで」と。

 
  • 匿名

    のっぺらぼうはぎょっとするね

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★