【怪文書】コンビニ強盗

コンビニ強盗

「金を出せ」

サングラスをかけマスクをした男が言った。手には刃物を持っている。

私は今、コンビニのレジでバイト中。
まさかコンビニ強盗にあうなんて!

バイト始めたばかりだからまだレジの使い方もちゃんと覚えてないし、接客業は初めてだから緊張して失敗が多い。

そんな私に、強盗に対する正しい対応ができるわけ無かった。

私「お、お金ですか…?」
男「あぁ、そうだよ、とっとと出せ」

私「いくら出したら良いでしょうか?」
男「…この紙を見ればわかる」

男は私に、小さな紙を突きつけてきた。

私「…わかりました」

私は、要求された金額を、男に渡した。

男「おう、これでいいんだよこれで」

私「ありがとうございましたまたお越しくださいませ」

男は鼻毛切りハサミを片手にそそくさと店を出て行った。

 
  • 匿名

    これ、普通に売っただけじゃない?

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★