【不思議】麗子の奇行/HN:ロビンM

麗子の奇行/HN:ロビンM

数年前、香織に連れられ初めて俺のマンションに遊びに来た時の麗子の話をしよう。

初対面の挨拶を交わした後、リビングでピザを食いながら龍を含む四人で暫く談笑していたのだが、麗子の様子が何処かおかしかった。

落ち着きがなく、明らかにソワソワしているし、キョロキョロ辺りを見回している。

心配した香織が訳を聞くと、「隣りの部屋に女の子がいるでしょ?」と変な事を言い出した。

当時俺は一人暮らしだったので、勿論そんな女の子などいる筈がない。

麗子のいう部屋は寝室だった。

部屋に入った麗子は、ベッドの横にあるテレビの方をジッと眺めている。

そして、ふぅ…と溜息をついた後テレビの前で正座をし、改めてそちらをジッと見つめ、時折頷いたりもしている。

目線を辿るとテレビの裏手。

誰もいない空間に向かって麗子は言った。

「 もう大丈夫、泣かなくていいよ…」

「 …………」

「 香織ゴメン!私先帰るね。ロビンさんも龍君もまた遊ぼうね、お邪魔しました…」

キィ、ガチャン…

「 …………」

麗子が帰った後、俺達はとりあえず残りのピザを完食した。

【了】

2014年09月16日(火) 16:23
ロビンM ◆eBcs6aYE
投稿広場より掲載

 
  • 紫姫

    レイコさん だけ 見える人?

     
  • 味噌煮込み

    霊の存在を信じなければ奇行と言われる。奇行は病気と思われるが、もしかしたら・・・

     
  • やまっち妻

    そういう事はありますよ。どういっていいかわからない、不思議な空気。

     
  • 匿名

    おちがなーい

     
  • 匿名

    奇行に対して何かしらの反応が無いのか?

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★