【心霊】居合い/HN:やまっち妻

居合い/HN:やまっち妻

高校の現国の時間に聞いた話。

先生は日本で二番、京都で一番の国立大に入学。その御友人も。

さて同じ古い木造アパートに住み始めた二人。朝、先生が「おはよっ」と友人の部屋の前を通りかかると、ギョッとしたそうです。

その方は開け放しのドアの前で刀を持って身構えていたそうです。

なんでも、部屋の中に貼ってあった古いお札を「新天地で辛気くさい」と、剥がしたところ深夜に目が覚めた、と。

居合斬りの名人であったその御友人は咄嗟に刀を持ち、扉を開けました。…誰もいない。にも関わらず、物凄い人の気配が。

そこで刀を抜き一晩中、物怪に睨みを利かせていたそうです。

後で大家のおばちゃんに文句をつけにいくと「よその子は非常識やなぁ」と、いい放ち新しい札を貼って出て行ったそうです。

…こんなアパートヤダ。

 
  • 匿名

    >先生は日本で二番、京都で一番の国立大に入学。その御友人も。

    京大かな。友人も京大って、話に関係ないでしょ。
    些末な描写が多すぎる。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★