【都市伝説】ゲームマシーン

ゲームマシーン

友人から聞いた話です。

中学時代、Aというゲーム好きな友人がいて、彼は成績は優秀だったが、TVゲームをやる時間がハンパなかったらしい。

なんでも、休みの日は父親が家にいないので、この日はゴールデンタイムとばかり部屋にこもって 24時間ゲームをしているらしいのだ。

トイレは?ペットボトルで済ませるらしい。食事もあらかじめ母親が買ってきたものを食べながらゲームをする有り様。

新しく出たゲームは古くなる前に、話題にならなくなる前にクリアしてしまいたいのだとか。

そんなAにある日異変が起きた。なんでも、自分の周囲にTVゲームの敵キャラクターの幻覚が見え始めたというのだ。

触ってみても感触が無く、他人には見えてないことから、自分で幻覚と気付いたらしかった。

ただ、実害のある幻覚で、敵キャラに攻撃されているらしい。外面には表れないが、内面では包丁でえぐるような痛みをともなうらしい。

彼はよく体調が悪くなると「ごめん、“セーブ”してくる」、と言って病院に行っているそうだった。

最近では休日になるのが怖いらしく、それでも休日だけは廃人並みにゲームをやっているそうだ。

TVを見て、犯罪が起こると『イチメンクリア…』とつぶやく自分に驚き、鏡で目を見ると笑った別人の顔が写るようになったという……。

 
  • 匿名

    何かワロタw

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★