【怪異】年越し語り-トシコシガタリ-/HN:こげ

年越し語り-トシコシガタリ-/HN:こげ

私は心霊スポットと呼ばれる
各地で幽霊が出ると言われている場所を
休日などを利用して訪ねて廻ることを趣味としています。
ネットで知り合ったA君に
心霊スポット探検を数人の仲間とやってるから一緒にどう?
と誘われたのがきっかけです。
それから現在まで探検に同行して
数々の怪異と遭遇、恐怖に心臓を鷲掴みされ、
すくみ上がって満足に身体が動かない状態で
闇の中を半泣きになって逃げ回り
這々の体で車に辿り着いたこと数度…
遊園地などのアトラクションでは味わうことができない
保障も保険も安全装置もまるでない
全ては自己責任でギリギリのスリルを楽しむ
心霊スポット探検…
私は完全にはまっていましたが…

今夜は大晦日…心霊スポット探検はお休みで
二年参りに行くために私はD君のアパートにお邪魔していました。
あ、私だけじゃないですよ
もちろん、A君をはじめとする心霊スポット探検の主要メンバーの5人でです。
あの『二次元三次元の区別無く私の×××は許しはしない』と豪語する
変態と二人っきりなんてあるはずないじゃないですか。
貞操の危機どころか二度と戻れない境地へ堕とされてしまいますよ!

出掛けるにはまだ時間がありますしで
A君達はテレビを見ながら麻雀をしています。
うーん、麻雀といいますか…
麻雀が出てくる漫画やアニメ、映画の名シーン?迷シーンの再現ごっこ?

「おじさん、震えているよ」

「あんた、背中が煤けてるぜ」

「明日、晴れるかなぁ」

「全部ゴッ倒す!」

私はご近所で頂いたお蕎麦を皆に食べてもらおうとキッチンを借りて仕度してます。
天婦羅は自宅で揚げてきちゃってますし
お汁を作って、蕎麦を茹でるだけです♪
ちなみにD君の部屋はアパートの二階で階段から一番奥まった角部屋で

ああ、なんてことでしょう…

大掃除を行った痕跡皆無なきちゃない室内になってます。

「リーチせずにはいられないな!」

「裏はめくらないでおいてやるっ!!」

「死ねば助かるのに」

2DKの和室にコタツを置いて
ジャラジャラと馬鹿なことを叫んでますよあの人たち。
独身男子の部屋ですからね、鰹節も昆布も出汁をとる物などあろう筈がございません。

全て自宅から持ってきて正解です♪

調味料があるだけ褒めてあげます。

でも、味塩は塩じゃないですから…
そこでここに取り出しましたる、
このボリビアはウユニ塩原で採れたお塩!!
アンデス山脈から流れ出た自然塩でミネラルが豊富!
イオン交換膜製塩法などとは一味も二味も違うのです♪
お塩だけではありません!このお醤油だって…
あ、調味料自慢とかは置いておいて…

まずは使った痕跡が見られない埃が被った流し台とコンロを掃除し…
自炊しようよD君…

綺麗になったら、
やっぱり家から持ってきた鍋にお水を入れて沸騰するのを待ちます。
待っている間にそばつゆを作って…
あの池波正太郎先生も通った東京神田の藪風も良いですが…
今回はご近所から鴨をいただいたのでそれを出汁に使います♪
野趣あふれる鴨の脂が出て堪らないのです。

キッチンペーパーを敷いたお皿に
海老に烏賊に人参、しいたけ、さつまいも等の天婦羅を盛り付けて
茹で上がった蕎麦を冷水で揉み
蒸篭に盛り付けて完成♪
お盆の上に乗せて皆が待つ和室へ運びます。

これからお出掛けするのですからお銚子は無し!

「はい!年越し蕎麦ができましたよぉ♪」

「おおおおおお」×4

えへへ、今回は大して腕を揮ってないんですけどね
皆、手を叩いて大喜びしてますよ。
卓を裏返してテーブルにします。
皆がお皿とか並べるのを手伝ってくれました。

「お、おれ…今、リア充気分を味わってる…こ、こんなに嬉しいことはない!」

「泣くなD!お前の気持ちはよぉく分かる!さぁ、泣くのは止めて食うとしよう!」

D君の肩を叩きながら鼻水をきちゃなく啜るC君…

「だ、だって!腐ってるとは言え女の子の手料理を大晦日に食える日が来るなんて…」

「それもこれもAが女性メンバー募集をしてくれたお陰だ!腐ってるとは言え!」

「腐ってるは余計!」

男の人の食べっぷりっていいですね♪
見ていて気持ちいいです。
見る見るお皿の上から蒸篭の上から綺麗になっていきますよ。
ぞぞぞっ!ぞぞぞっ!!って啜る音が気持ちいです♪
足りないと大変だから御節も一応持ってきました。

男子って伊達巻とか昆布巻きとか田作りとか苦手でしょうと、
今回はオードブルっぽい物にしてみました♪
酢豚とかローストビーフとか鶏肉とカシューナッツの炒め物とか。
それも綺麗に跡形もなく…新年を迎える前に…
男の子って凄い…です。
そうですよね…いつも心霊スポット探検前に定食屋さんとかで
チャーハンにラーメンをスープ代わりに頼んだりしてますし。

さて、食後のお茶でも入れましょうかと席を立とうとした時です。
玄関ドアの向こう…
ちょっと遠くでガンガンと金属を叩くような…
というか…すごい勢いで金属の階段を乱暴に駆け上ってくるみたいな音…
それから、激しく床を踏みつけるドタドタという音
壁を叩くようなバンバンという音…
あの…
こっちへ近づいて…

確実に…D君の…私達がいる二階の一番奥まった部屋を目指して…
向かってくる足音…

「この大晦日に騒がしいな」

「二階にあんな大騒ぎするDQNは住んでいない筈だが…」

怖い感じが…
嫌なというより…怖い…畏れ?畏怖?
それで…私、席を立とうとしましたけど…こたつへ戻っちゃいました。
ぬくぬくが怖さを緩和してくれる筈です。
A君はこの5人以外、今夜は誰も誘っていないからって言ってましたし…

「D君の友達…かな?」

「いや、友人達には今夜は用事があると断わってあるから、それはないと思う」

床を踏み鳴らす音と壁を叩く音が部屋の前まで…
こたつに入って私達全員が固唾を呑んで玄関を見ていますと
バン!
激しい音をたててドアが開きました!
全開になったそこから…目が眩む黄金色の光が…

「おい!鍵かけてたはずだよな!?」

「あ、ああ!」

顔を手で覆い…強烈な光から目を守ります。
何が起きているんですか!?
恐ろしく冷たい風が玄関から中に吹き込んできます。
それは私の髪が翻弄され宙を舞うほど…

「な、なに?なんなの!?」

「な…何かが部屋に入ろうとしてる!」

「何かって!?」

「分からん!!」

あまりにも眩しくて焼きつき現象が起きてます。
家というのは壁で囲まれて中が見えないというだけで結界の役目を果たします。
それが何者かの侵入を阻んでいるのだと…
変態でもD君が住んでいる部屋です。
こういうモノへの対策は施してあるのかもしれません。

「ゆっくりと中へ入ってきてる…」

「ああ、すごいな…あれ」

A君とB君…見えてるの?
私なんて全然、まだ目が眩んでいるのに…
でも、なんでしょう…脳裏に…イメージが…
金色と言うよりも白に近い発光体…直径にして60cmくらいでしょうか…
アメリカの警察や軍が使っているような強力な懐中電灯とは違いますね。
ふわふわと浮遊しているような…
それは
じわりじわりと室内へ侵入し…
キッチンを抜けて私達がいる和室…
光る物体の力が部屋の中へ影響を及ぼし始めたみたいです。
光がこちらへやってくるほど光度を増し、熱…まで感じる様になりました。
手で目隠しをしている上に瞼を閉じていても
眩しいのと熱いのが…だんだん

「きた!」

A君の声……声が震えています。
同時に甲高い男性の笑い声!
和室の壁に反響してエコーのような響きが耳朶を震わせます。
呵呵大笑とか哄笑って言うのでしょうか…
全身が恐怖で痙攣の様に震えてます。
これ、霊とかじゃ絶対に無いですよ!
圧倒的な気配が私のすぐそばまでやってきました。
それは止まらずドカドカという足音を立てて
卓を中心にして…私達の背後をぐるぐると廻りだします。
突風が部屋の中を荒れ狂いました。

激しく畳を踏み鳴らす足音…
笑い声をあげながら、
足音はするのですが…気配は…
それが、1分…いえ、2分は続いたでしょうか…
笑い声と足音は回転を止めて玄関へ向かい…
来たときと同じく、廊下や壁や階段をガンガンバンバン鳴らしながら
何処へかと去っていきました。
部屋に静けさが戻り…
外で犬がワンワン何かに向って激しく吼えてますけど…

疾風のように現れて疾風のように去っていった月●仮面みたいな怪異…
茫然自失と言った感じになってる私…たぶん、A君達も…

「パタン」

ドアが閉まる音でしょうか…それを合図に

『ふぅううううううう』×5

全員の口から同時に長い溜息が漏れました。
脱力…助かったという安堵と言いますか…なんて表現して良いやら…

「なんだったんだ…一体…」

A君が皆の気持ちを代弁してくれました。

それで…
全員で何を見たかと意見を…
あ!私を除く全員がいつの間にかサングラスしてましたよ!?

「太陽拳対策は武人としての嗜みだ」

『当然だな!!』×3

そ、そうなんですか?
男子達…平然と…言い放ちましたよ。
太陽拳対策って…ドラ●ンボール?
MIB(メン・イン・ブラック)じゃあるまいし、
サングラスなんて普段持ち歩いたりしませんよ、私。

四人が見たのは
金色に発光する…長髪をなびかせて飛ぶ…
怖ろしく鼻の高い…ギョロ目の…鬼みたいな顔したおっさんの生首だったそうです。
それが、バターになっちゃうくらいの勢いで私達の後をぐるぐる回ってたと…

私にはただ、イメージ?というか…幻視したものですが…
尾を長く伸ばした彗星みたいな発光体としか見えてませんでした。

それで、D君の部屋にいるのが怖くなりまして
時間は早いけど二年参りへ出かけることにしました。
神社でご祈祷を受け、露店をひやかしている間は良かったのですが
D君は帰るのが怖いから私の家に泊めてと手を合わせました。
もちろん、絶対にイヤです!と断りました。
A君達に、今夜泊まってくれと…土下座も辞さない勢いで頼んでましたが、
誰もがあんな凄いのが出たらたまらんと…取り付く島もありません。
結局、D君は…ドナドナになって一人、アパートへ帰っていきました。

大晦日以降、光る生首はD君の部屋には現れていないそうです。
本当になんだったのでしょう?

「あれって、もしかしたら年神様じゃないのか?
 新年になった早々やってくるって…あれ。
 ちょっとフライング気味でDの家へやってきたのかもな…理由は分からんが…」

と、後になってA君が言いました。
年神様とは毎年正月に各家にやってくる来方神です。
地方によってはお歳徳(とんど)さん、正月様、恵方神、大年神(大歳神)、年殿、
トシドン、年爺さん、若年さんなどとも呼ばれてたりします。
お正月の飾り物は、元々年神を迎える為のもので、
門松は年神が来訪するための依代、鏡餅は年神への供え物でした。

(おしまい)

2014年10月11日(土) 12:18
こげ ◆.s16F9bY
投稿広場より掲載

 
  • 紫姫

    こげさん 此方こそ 何時も コメントの ご返事下さり とても 嬉しいです。 それに 私に とって ナイスショット適な アドバイス 有り難う。o(^-^)o 早速 今晩 アルミホイル焼きを 試したいです。 初心者なので、美味しく出来るか 不安ですが…。 チャレンジします。 近々 11/1日に 引っ越しが、決まり あの 五月蝿い騒音婆&○○ガイ介護婆達と やっと おさらば 出来る と 思うだけで、 一人で、引っ越しの準備大変ですが、嬉しいです。 ちなみに 彼氏は、仕事が、忙しくて 引っ越しの手伝い無理でしたが、不動産の細かい手続きを 一緒に してくれました。 まぁ それだけ でも 有難い。 なので、手軽に 料理が、出来るのが、 嬉しいです。 取り敢えず 引っ越しまで、使える 台所用品で、ちゃんと食事 しようと 思うが、 つい 出来会わせのお惣菜&カップルラーメン しか 思い 浮かびませ。 それくらい 料理&味 音痴な 私です。(; ̄Д ̄)? 文字数 多く 読み難い お馬鹿な 私(簡潔出来無い)ですが、 これからも よろしくお願いいたします。(o^o^o)

     
  • こげ

    >4870天通の七不思議さん様
     そうですね~危ない事いっぱいありましたw
     建物の床がいきなり崩れたり、暴走族の方と鉢合わせになったり…
     や●ざの方達と一緒にスポット探検させられたり…
     コメントありがとうございます♪

    >4871天通の七不思議さん様
     コメントありがとうございます♪
     あっちから来た!的なお話もいくつかありますよ♪
     持って来ちゃったとか連れて来ちゃった的なw
     北海道のお話、投稿させていただきました♪

    >紫姫様
     黄金の炒飯!美味しいですよね♪パラパラに上手く仕上がるともう最高ですね♪
     今の季節って、手間をかけなくても美味しいものいっぱいですから
     アルミホイルの包み焼きって簡単でよくやります♪
     入れる具材でいろいろ出来ますし♪
     定番は鮭の切り身とエリンギ、しいたけ、しめじ等のきのこ類とタマネギでしょうか?
     牡蠣を入れたりしても美味しいです♪
     いつも感想をくださりありがとうございます♪

    >管理人様
     いつも無理を言って申し訳ございません。
     差し替えていただきましてありがとうございます♪ 

     
  • 紫姫

    私は、料理苦手です。 たまには、彼の為に 手料理を… 私の 数少ない 料理? の中 黄金色風チャーハンを 唯一 褒めて 貰い、 いつもより 多めに 作ったのに… 滅多に 褒めたり 完食し無い 彼が、一気に平らげてくれました。\(^o^)/ 私も男性の ガツ食い を[s:20537]るの 大好きです。 私も こげさんの 仲間に 入り こげさんの手料理を たらふく食べ 年末&年始 等 楽しみたい♪

     
  • 匿名

    新作乙!
    心霊スポットへ行かずとも、あちらからやってくるとはな。
    悪いものじゃないみたいで良かった。
    こっちも良いが北怪道シリーズの続編希望!!

    ↓不慮の事では、思いがけない事の意味だぞ?

     
  • 匿名

    趣味で心霊スポット巡りしてる奴らは馬鹿者だわ
    不慮の事が起こったら取り返しがつかないだろうし、そこに関係ある存在の人や霊を馬鹿にしてるようなもの

     
  • こげ

    管理人様♪
    本掲載ありがとうございます♪さっき、東北地方から帰ってきました♪
    うわー見直したところ(T_T)ロースとビーフとか色々な間違いを発見してしまい…
    いつも誠に申し訳ございません、投稿広場の方に手直しを入れましたので
    m(_ _;)m申し訳ございません…差し替えをお願いできませんでしょうか…
    いつもいつもで誠に申し訳ございません。

    0.血苺様
    本当にもうちょっとで年末ですね~取りたくないものもまたひとつ…
    料理は上手と言いますか…好きで作ってる程度ですので…あまりその…
    東北地方へ友人達と旅行へ行ってきました♪あちらはもう味覚の秋が溢れてました♪
    私の住んでいるところではまだ売られていないジョナゴールドを大量に買ってきました。
    これでアップルパイを♪紅玉と比べたら酸味が弱いですけど楽しみです♪
    私も麻雀は全然分からなくてグー●ルさんのお世話になりましたw
    名セリフ集から…適当に見繕って…
    A君達の麻雀ネタってよく分からないものが多くて…
    あんた、背中が煤けてるぜが『哭きの竜』ですよね♪
    『ぎゅわんぶらあ自己中心派』は分からなくて検索しましたw
    いつもコメントいただきありがとうございます♪

    [4865]天通の天通の七不思議様
    コメントありがとうございます♪
    年神様というのはA君の推測でして、彫りが深い鬼みたいな顔…
    異相なのは確かだと思います。
    拙い私のお話ですが、また読んでいただければ幸いです♪
    ありがとうございました♪

     
  • 匿名

    外人顔の神なのか?

     
  • 0.血苺

    次期はずれ…と思ったけど、もうあとちょっとで年末ですね〜(-。-;
    それにしても、料理上手な人の文章は、描写だけでも食欲を刺激されますね!
    トッ◯バリューの出汁と*の素が不可欠の私には、絶対書けません(>_<)
    年神さまも、きっと意外な場所からご馳走の気配がしたので思わず現れてしまったのではないでしょうか?

    A君たちの会話に“づが〜ん!”は出てきたでしょうか…
    麻雀は出来ませんが、『ぎゅわんぶらあ自己中心派』と『哭きの竜』は愛読していました。
    私は以前、会社の後輩の結婚祝いに
    『哭きの竜』の全巻を贈るとゆう大迷惑行為をした事があります。
    彼の奥さんは、きっと今でも私を恨んでいるでしょうね。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★