【SS】盗み聞き/HN:0.血苺

盗み聞き/HN:0.血苺

定時に仕事を終え、私はそそくさと帰路についた。

職場は渋谷にある。
今日のような週末は人混みが煩わしいのだが、通勤に使っている東京メトロが始発の為、座って帰れるのがありがたい。

三人掛けの席の端に腰掛けると、隣に大学生らしいカップルが座った。
矢鱈とイチャイチャするカップルだと苛々するが、その二人は淡々と話しているだけだった。もしかすると、単なる友人同士なのかもしれない。

手持ち無沙汰だった私は何気に二人の会話に耳を傾けていたが、思いのほか面白かった。

「絶対ワガママすぎだって!そう思うでしょ?」
「…うん、まあ…」

女の方は男の相槌が不満のようだ。

「じゃあ、これ聞いた?…誕生日プレゼント何が欲しいか訊いたら、あの子しゃあしゃあと“ドレッサーとローテーブル!”って答えたんだってよ!」

「ドレッサーって何?」
「ドレッサーってのは…ほら、メイクする時の…鏡が付いた…」

「ああ、鏡台?」
「……まあ、そうだよ。それとローテーブルが欲しいって言ったんだってさ!」

「え…だってそれ、高価いんじゃね?」
「高価いよ!家具だもん!」

「……で…あいつ、買ってやったわけ?」
「そう!…ってか、買ってあげようとしてるの!」

「マジかよ!」

…どうやら、二人が話題にしているのは、共通の知り合いである、あるカップルの事らしい。
ワガママな彼女と、言いなりになっている彼氏…典型的な、バカップルだ。

「学生の身分でそんなものねだるなんて、おかしすぎるでしょ?相手だって学生なのにさ」
「買ってやろうとしないだろ?普通…ってゆうか買えないだろ?」

「だって彼、優しいじゃない!…勿論いっぺんに払えないから、分割で買おうとしたんだって。マ◯イで」
「!!…何でマ◯イ!…そんな所で買ったら益々高価いじゃん!」

「そうだよ!…しかも、自分の物を買うって嘘ついてお母さんのカード借りたんだよ」
「…はあ~~」

「…ところがさ、家具だから配達して貰わなきゃならないけど、配達先がエリナん家なワケじゃん?…そしたら、店の人から断られたらしいの。そもそもカードが、彼本人のモノじゃ無くて家族の名義でしょ?何でも、そうゆう場合は他人の住居には配達出来ないんだって。少なくとも、購入した品物の金額、半分くらいは支払い済みじゃないと」
「へーえ」

「半分の金額なんてとても出せないから、彼困っちゃって“ドレッサーかテーブル、どっちか一つで良いか”って訊いたらしいんだけど、エリナ“絶対両方欲しい”って言い張ってんだよ!…信じられる?!」
「ってか、あいつも馬鹿すぎだろ?誕生プレゼント買うのにマ◯イとか…ローン何ヶ月払い続けるんだよ!」

聞いていて、私は笑いをこらえるのに苦労した。
人間、特に知っている人の場合には、同性に対して厳しくなるものらしい。

私みたいな第三者なら、話題にあがっているカップルのどちらとも“馬鹿だなあ…”と思うだけだが、隣で話している女はひたすら我儘な彼女を詰り、聞いている男は振り回されている彼氏の方に呆れている。

「まあ…彼女のワガママが可愛いんだろうな。ほら、あいつ母親と姉ちゃんに溺愛されててさ…鬱陶しがってたじゃん…いつまでも子ども扱いしやがって!って。だから甘えられたいんだろ。にしても、あまりにも計画性無しだけど」

「だよねー…でさ、結局、お姉さんのアクセとかバッグとか売ってお金作ろうとしてるらしいよ…本当、そんな事までするなんて」
「え~~~っっっ!マジかよ!」

「マジ。“友だちにパーティで使うって頼まれた”って嘘ついて、昨日借りたんだってよ。ナオキくん」
「…最低じゃーん…バカナオキが…」

乗り換え駅に着いた時、私は隣の二人がびっくりして振り向くような勢いで出口から飛び出した。

ホームを走りながら携帯を耳に当てる。

「もしもし、お母さん?あたし…もう直ぐ帰るけど、ナオキ居る?…そう。あたしが帰るまで絶対家から出さないで!」

ナオキの馬鹿!そんな屑みたいな、有害物質みたいな下らない最悪などうしようもない糞女に引っかかって!!

小さい頃から、玩具も友だちも選んであげていたのに。
お小遣いだってあげていたし、何でも買ってあげていたのに。

馬鹿…

 
  • 0.血苺

    味噌にさま、紫姫さま、そして七不思議さま各位(←重言)^^
    お読み下さり、ありがとうございます。

    スポイルされた男と、その家族の悲哀を書いてみました。
    こんな小姑がいるのでは、ナオキは結婚したとしても、きっとすぐにヨメに逃げられることでしょう。

    後半は妄想でしたが、話に出て来るバカップルは実在するんですよ。
    その昔、まだ東京メトロが営団地下鉄と呼ばれていた頃に、私が盗み聞きした内容ほぼそのまま引用しておりますから…

    この話も『プラットホーム』も、カテゴリーは指定しないで投稿したのですが、こんな話たちを怪文書なんて呼んで良いのでしょうかと恐縮しております^^;
    管理人さま、粋な計らいをありがとうございます!

     
  • 匿名

    。 。
    / /ポーン
    ( д )
    血苺さんらしい作品。

     
  • 匿名

    面白かったw

    他人事と思って聞いている分には、カップルの会話を冷静に分析し「女が女を男が男を、互いに同性を非難しているけど、第三者から見れば2人とも馬鹿なバカップルなのにw」と、面白おかしく聞いていたけど…、いざ名前が出て自分に火の粉がふりかかってくる事態だと気づいた途端、相手の女をボロクソ言う主人公、人間の心理が表れていてジワジワと面白い作品だった。

     
  • 匿名

    ↓これは、どういう意味があるのですか?

     
  • 匿名

    。 。
    / /ポーン
    ( д )

     
  • 紫姫

    電車に乗る時 最寄り駅迄 携帯で、時間潰すけど… この話しで、私も今度から 周りの 乗客観察して 見ようと 思った。 最初 何処かのアホウ カップルの話しが、 まさか 自分の弟の 事だと 後で 知る 姉 の 気持ち…。 風景が、目に浮かぶ (^o^)v

     
  • 匿名

    有害物質糞女に笑った。
    おねいさんとお母さんがかわいそう。
    大丈夫!ナオキくんがいい男ならいつか気付くから(´ω`)

     
  • 匿名

    行き過ぎた恋愛体質カップルって怖いな

     
  • 味噌に

    姉ちゃんと母ちゃんヤバイね(笑)

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★