【怖い話】忘れられない怖い思いをさせる

忘れられない怖い思いをさせる

870 : 2 2010/01/11(月) 20:11:13 ID:2NcW3rkY0

小学校のころ、まだ親の実家で住んでた。

俺はサザエさん一家でいうタラちゃんの立場。
で、祖母・祖父・叔父(まぁカツオだな)・母・父・俺で住んでた。

ちなみにその叔父(以下カツオでいい?)は大学中退して今で言うニート。
癇癪おこしたりすることもあって、今思えば精神的に病んでたんだろうな。

叔父と俺以外はみんな仕事なり出かけてるなりでいない日がよくあったんだけど、そういう時の度にカツオに
「忘れられない怖い思いしてみたい?」だとか、「頭おかしくなっちゃうことしてあげようか?」とか言われることがあり、何となく怖かった。

で、同じようにカツオと二人だけになった日、とうとうカツオがやらかした。

二回の和室にカツオに連れてこられ、柱のところに後手にして縛られた。
今思えばなんでされるがままにされたんだって感じだけど、当時子供だしカツオ怖いし抵抗できなかったのかなぁ。

で、いったい何をされるんだって怖がっているうちに、カツオがテレビ番組の司会者みたいにハイテンションでしゃべり出した。

「はーいこんにちはー!ありがとうございます!
今日はみなさんに忘れられない体験をしてもらいたいと思います!
○○(カツオ本名)最初で最後のチャレンジ!!」

みたいなこと言って、一人で拍手とかしながら騒いでた。
俺はとにかく怖くて震えてるしかできなかったんだけど、カツオはまるで俺なんていないみたいにハイテンションで色々言ってた(ショーがどうとか天国がどうとか)。

しばらく騒いだあとに、急に静かになったと思ったら俺の前に立って
「おまえ平気な顔で生きてちゃいかんぞ。おまえも悪いって思わないかんぞ」
と言って、横に置いてあった箱から針を取り出した。

俺は刺されるのかと思ってようやく嫌だやめてと泣き出したんだが、そしたらカツオはいきなり自分自身の腹にそれを刺し始めた。
「痛いぞ-!お前痛いぞ-!すげーだろー!!」みたいに言いながら。
俺はもう怖い通り越して呆然と見てるしかなかった。

5本くらいの針を刺し終わるとカツオは隣の和室との間のふすまを開けて、向こうに置いてあったイスを持ってきた。
そしたらまた最初みたいなハイテンションになって、「おまたせいたしました!いよいよショーの大目玉です!拍手!!」っつって自分で拍手してた。
針も痛そうだったけどおかしくなってたんだろうな。

で、針と一緒においてあったロープ?を取り出して椅子に乗ってまた拍手しはじめた。
その時点では俺もまだぽかーんと見てる状態だったんだけど、カツオがロープをやたらスピーディーに鴨居と首に結びつけた時点ですげー恐怖に襲われた。

「やめてー!やめてー!」って泣き叫んだんだけど、カツオはもう聞いてない。
「それではみなさん、おめでとうございます!」とか言って、椅子を蹴って首を吊った。

俺はもう怖いやらなんやらで混乱しながらもギャーギャー泣き叫び続けた。

1時間くらいして(体感時間ではもっと長かったけど)祖父母が帰ってきて、上でぎゃーぎゃー泣いてる俺の声を聞いて階段上がってきた。
俺と首吊ったカツオを見てしばらく呆然としてた。

でもようやく祖父が俺のロープといてくれて、祖母が俺のこと抱きしめて一階まで連れてってくれた。
そのまま祖母が付き添ってくれて、一階の祖父祖母の部屋で布団で寝かされた。

その間に祖父は警察だの俺の両親だのに連絡して、彼らとまぁその、処理をしていたらしい。
俺はもう心臓ばくばくしっぱなしで寝るに寝れなかったけど、祖母が「寝とき、寝とき」って言うから目つぶって寝たふりしてた。

その後いろんな処理だの簡単な葬式だのも終わり、すぐに俺と両親は引っ越した。

今でも正月や盆に祖父母の家には行くが、二階は怖くて上がれない。
首を吊って動かなくなってからびくんびくんするのとか、その出すものボタボタ出す様子とか、すげー目に焼き付いてる。

「忘れられない怖い思い」をさせるってカツオの目標は達成されてるんだろうな、最低なことに。
2ヶ月ほど前で俺も当時のカツオと同じ歳になったけど、なんか複雑だよ。

出典:http://toro.2ch.sc/occult/

 
  • 匿名

    「10万円スられた…」
    と落ち込んでいた人に、
    「俺もさっき排水溝に10円落としちゃって…お互い辛いよな」
    って、勝手に共感してる人を見た気分になった。

    いや、本文読んでじゃなくて、このコメ欄見て

     
  • 匿名

    似たような意見あるけど、自殺を無理矢理見せられた幼児の恐怖とゲーセン機械の誤作動を同列で扱えるか?
    人格壊れてないか、やまっち妻

     
  • ((◎ω◎))

    ↓思い出しても書かんでしょ…

     
  • 匿名

    読んでる時に思い出したんじゃね

     
  • 匿名

    ズレてるっつーか…

    幼い子供が目の前で、縊死する所を無理矢理見させられた事と
    ゲーセンの機械の誤作動で戸惑う事が

    どうすりゃ並べられるんだ?

     
  • (-ω◎)

    やまっちさんのコメントはいつも何か、さらっとぶっとんでまんな(゜ω ゜)))

     
  • やまっち妻

    二十年一昔前、ゲーセンでの待ち合わせで当時マイ得意のブロックゲームをしている時、押したボタンとまるっきり逆らった動きを画面が演じ始め、物凄く不安になったことを思いだし。おかしいのに動けない…あれですね。カツオさんは冥福を祈るしか。

     
  • (・Д◎)

    こっわ…

     
  • 匿名

    怖すぎる…。

     
  • 匿名

    独りで逝けよ

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★