【不思議】深夜のおさんぽ/HN:やまっち妻

深夜のおさんぽ/HN:やまっち妻

少し前、夫の御神事に伴い九州行き夜行フェリーに乗りました。

結構よい。売店や朝夕バイキング付き、でも焼き魚のカボスはアウト(スダチ派なので)。狭くとも二人用船室もあり。

就寝中目が覚め、持ち込みの酒を機嫌良く飲みながら深夜の甲板に出ました。ここが一番ゴージャスでした。視力の悪い私でも分かる降るような星空。

夫を無理に起こし「すごいねん、外、観てみて!」 二人で見て夫も感嘆。時々、豪華船や夜釣り船、小さいクルーザーやモーターボートも。

夫に「海は生きてるねえ」と、言ったとき、見えている海の中程を、白い洋服の女性が散歩しているのを見ました。

本当に水しぶきひとつたてず、水面を優雅な足取りで歩いていました。

「すっご。アレもしかして忍法ミズグモ?」 夫は「そうかもしれへんね」

私は是非挨拶したくなり女性に声を掛けようとしたら、夫が「散歩の邪魔したら悪いよ、寒なった、部屋戻ろ」 そうしました。

翌朝、夫は「海にはようああいう人おるんや。無視しとき」 …夫は瀬戸内生まれです。海は深い。

 
  • (´・ω・`)

    ↓北朝鮮の工作員かも知れへんやん…

     
  • 匿名

    夜行フェリーが通る深夜の航路にモーターボートはおらんやろ
    デマカセもたいがいにしとき

     
  • 匿名

    夫は下手に関わると連れていかれるのを察していたとか?

     
  • 匿名

    うん

    浅かったらクジラが困るもんね

     
  • 匿名

    海は深い
    名言ですな

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★