【SS】あね/HN:0.血苺

あね/HN:0.血苺

僕がまだ小学校に上がる前の事。

僕は時代劇が好きで、毎週父と一緒に『暴れん坊将軍』を観るのを楽しみにしている渋い子どもだった。

炬燵に入っていた記憶があるから、多分冬のある夜…
僕はいつものように父の隣で、火消し頭の北島三郎に惚れ惚れしていた。

暴れん坊将軍の後の『土曜ワイド劇場』が始まるのを待つ母は、僕の横でうつらうつらしている。

不意に襖が開き、5歳違いの姉が入って来た。
姉は隣の部屋の小さいテレビで、バラエティ番組を観ている。おそらくCM中にトイレに行くのだろう。

姉は僕にちっとも優しく無い。
今も、時代劇を観ている僕を“ジジくさいガキ”と言わんばかりに一瞥していった。

その後もテレビに夢中だった為、僕は姉が長い事トイレに籠もっていた事に気づかなかった。
水を流す音が聞こえて、(あれ、まだ入っていたんだ)と驚いたくらいだ。

出て来た姉は挙動不審だった。僕や父から思いっきり顔を背け、足早に出て行った。
しかも隣のテレビは付けっ放しなのに、二階の子ども部屋に駆け上がって行ってしまった。

「おねえちゃん、どうしたのかな」
「…さあな」

だんだん、母に似て口が達者になってきた姉を、寡黙な父も持て余し気味だったようだ。

僕もCM中にトイレに立った。
…そして…恐ろしいモノを見た!

トイレの床に残る染み…血だ!

姉が…怪我をしたのか?…いや、あの姉が怪我をして何も言わないわけはない。きっと大騒ぎするはずだ!

それじゃ、この血は?
姉が何かを殺して…喰った?
まさか…あれは姉じゃなくて…山姥?

一瞬のうちにそんな考えに囚われ、僕は炬燵の部屋に逃げ帰った。

「お父さん!…トイレに血が落ちてる」
「えええっっ!!」

父は驚愕したが、僕が期待した反応とはちょっと違った。
トイレに確認しに行こうともせず、いきなり母を揺り起こした。

「おい!……◯◯が……だから…ちょっと様子見に行ってやれよ」

良く聞こえなかったが、母に姉の様子を探らせようとしているのだった。
山姥かもしれないのに…なんてオヤジだ!

母が二階に上がって行き、僕は父を非難の眼差しで見つめた。
でも、父はそんな僕など目に入らず、そわそわした様子で煙草を吸っていた。

やがて、母が戻って来た。

「…鼻血が出たんだってさ」

ぶすっとした顔で母が言った。

「………」

なんだ、鼻血か~!
成る程、鼻の穴にトイレットペーパーを突っ込んだ顔を見られたくなくて顔を背けていたんだな。

真相が分かって僕は楽しくなった。明日笑ってやろう!
あ、でも…調子に乗って笑うと、姉に殴られて僕が鼻血を出す羽目になるな…程々にしておこう。

幼かった僕には、そわそわしていた父のテンションが急激に落ちた理由が分からなかった。

2014年11月22日(土) 00:15
0.血苺 ◆YTIpxIas
投稿広場より掲載

 
  • 0.血苺

    キューブリック作品に挑む前にウォーミングアップにキングの『キャリー』を観て、唐突に思い出した子ども時代の出来事を書きました。
    私目線だと怖い話にならないので、弟目線で書いてみましたσ^_^;
    あ、弟が山姥を連想したのは、きっと暴れん坊将軍の前に『まんが日本むかし話』を観たからで、私の顔が山姥みたいなわけではありません!

    こげさま

    赤飯にカレーは厭ですね〜…Cくんの味覚を疑ってしまいます。
    味噌汁も…うーん、食べ物に保守的な私には思い付かないアレンジです。
    それにしても、こげさんのお話にも“土ワイ”が出て来たので、なんだか嬉しくなりました。

    七不思議さま

    娘を持つ父親は大変です。きっと会社の同僚に、
    「うちの娘もついに…」
    とか話したりするのを夢想していたでしょうに。
    口の達者なあなたの娘は、トイレで鼻くそをほじくって出た大量の血に狼狽え、タケちゃんマンの続きも見れなかったただのガキでした…

    紫姫さま

    お姉さんにぶたれちゃいましたか^^;
    でも、紫姫さんも数年後“ああ、これね…”としみじみされた事でしょう。
    あ、紫姫さん、私も喫煙者ですよ〜!
    公園のおじさんたちは、ライター借りたりタスポ貸したりする“ヤニ友”です。
    でも本当、マナーは守らなきゃですよね!

    七不思議さま

    何故、お赤飯を炊くんでしょうね?…妹ならともかく、弟さんは長いことモヤモヤし続けるでしょうね。
    家族で食べるのはまだ良いとして、どうして近所にまで配るかな〜(ー ー;)
    あれは止めて欲しかった。
    仏壇に供えたり…いいよ!お祖母ちゃんに報告しなくても!

    皆様、本当にありがとうございました。

     
  • やまっち妻

    元海軍の故祖父はご飯に味噌汁をかけると「船が沈む!」と怒りましたね。でもご飯を味噌汁に入れるのはOK。「船が浮かぶ」からだとか。…食に関するわけわからんジンクスってありますね。「うちの里じゃ満月に熊食べたらダメ(知人談)」始めっからんなもん喰わへん!

     
  • 匿名

    私のときは、弟が「なんで御赤飯?」って凄く不思議がっていました。母が「おめでたいことがあったから」と言うと「何がおめでたいの?」とイミフ?な弟には、みんなスルーしてました。

     
  • 紫姫

    弟は、まだ 幼いから お父さんの 動揺&お祝い赤飯等 全く?! だよね。 私は、朝食に炊き込み として 赤飯 が、 並んでて 私は、赤飯大好きなので ラッキー♪と 叫び 姉に ゴツンされ ? でした。

     
  • 匿名

    お父さん、かわゆすなあ~

     
  • こげ

    お赤飯の出番なかったのですね…
    心霊スポット探検チームのC君はお姉さんがその時、おかず足りないからって
    お祝いのお赤飯にレトルトのカレーをかけて食べたらお姉さんに死ぬほど殴られたって…
    お赤飯にカレーかけて食べるなんて、はじめて聞きました。
    一般的なのでしょうか?私はお赤飯にお味噌汁とかをかけて食べると結婚式に雨が降るって
    言い伝えがあるから…いえ、相手なんか全然いないんですけど…
    カレーは良いのでしょうか

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★