【不思議】増似語り-ゾウニガタリ-①/HN:こげ

増似語り-ゾウニガタリ-/HN:こげ

社員旅行で北海道へ行った時のお話です。
最近では珍しくなってますが…私の勤める会社の社員旅行って、
会長さん、社長さんの経営者から派遣社員の方まで、
社員全員で行くことになっているのです。
それは、会社創立からの慣習…なのだそうで…

第一日目の宿泊地は札幌です。
ホテルは歌舞伎町、中州と並ぶ北海道最大の歓楽街、
すすきのを眼前に望む位置にあり、
幹事さんをはじめ男性社員が何を言わんとしているか…
何がしたいのか…語らずとも一目瞭然でした。
そんなものですから、一次会である全社員による宴会は適当に済ませ、
旅行前から綿密に練られていたであろう各々のドリームプランへ…
終わって五分、ホテルに残っているウチの男性社員は…皆無だったとか…
どんだけエッチなんですか皆さん…

エントランスから駐車場へ抜ける通路を歩いていると、
背後から声を掛けられました。
急いでるのに…お部屋に戻って着替えてたから、
二次会へは、課の皆に先へ行ってもらってるから急がないと、
早く追いつかないといけないのに…
しかし、ルイス・キャロルの児童小説に登場する
ウサギさん並のスルー技能なんて持ってないから
仕方なく振り向いてみますと、
我が上司…設計部門の統括責任者様であらせられました。
入社当時、私が配属された部署の課長さんで、それはもうお世話になりまして…

「今から出動か?」

今でもお世話になりっぱなしなのですが…正直、今はほっといて下さいです。
あーもう!なんでこのタイミングに、こんなところで!?
会長に引き連れられて今頃、
高級なお店に入って高級なお酒を飲んで綺麗なおねーさんが隣について…

「土曜ワイド劇場の21時から21時20分くらいまでのようなことをして
 楽しんでいるんじゃなかったんですか?」

高●悦史さん的な…峰●徹さん的な…

「なんの事だ一体!?」

追いついてきた部長さんは私と肩を並べ、駐車場へ向かって歩いていきます。
まさか、私を待っていたなんてことは無いですし…

「会長についていったんじゃないんですか?」

あれれ?普段と違ってすごくお洒落してますよ部長…
それもゴッドファーザーPARTⅡのアル・パチーノみたいな…

「行ってみたいBarがあってな…全員が出払うのを
 フッ…非常口の向こうに隠れて待ってた」

行きたくないからって…子供ですかあなたは?

「こういう時こそ会長に媚びて
 ご機嫌をとっておかないと上へ行けませんよ?」

「行きたくねーよ!まったく…
 実際、一課でお前らとわいわいやってた頃に戻りたいよ」

「えー!?部長にはもっと上まで行って、
 会社の風通しを良くして貰いたいと皆、思ってるんだけどな」

営業畑育ちや現場育ちと違って、仕事をよく見て分かってますからね、
ウチの部長様は下の人望は厚いんですけど、
頂点に近い位置にいる方達には絶賛嫌われてます…切れすぎて。

「他人の為に苦労なんざしたくねーよ!それよりお前…二次会にあぶれたのか?
 李徴レベルのコミュ力不足だからなぁ仕方ないか。
 俺に付き合って飲みに行くか?帰りにラーメン奢るぞ」 

「誰が山月記のトラですか!?コミュ力不足って…ちゃんと友達いるもん!
 き、着替えに手間取るから先に行ってもらっただけだもん!」

一次会の余興でガールズバンドなんてやったものですから…
私だけ…白ブラウスにチェックのプリーツスカートという女子高生の格好をさせれて…
それにいます!いますよ友達くらい!

「着替え…ああ、宴会のあれか、会長賞おめでとう!
 あの格好は萌えた!カミさんに画像送ったら鼻血たら…って返ってきたぞ」

「そ、そんな画像を送らないで下さい!!」

なに考えてるんですか!?現在進行形で私の黒歴史が紡がれていく様を…なんてこと…
ギターでリードボーカルな先輩の命令で私だけ女子高生のコスプレさせられたんです。
部長…何、両手で胸前を下から持ち上げるようにして…
うう、胸は小学生の頃からずっと…気にしてるんですから…からかわないでください…

『会長は巨乳で眼鏡の女子高生に眼がないと言う情報が入った!
 胸と言ったら悔しいけどあんただ!
 会長賞を確実にする為!10万円奪取の為!
 ブレザー!それも夏服バージョンで谷間にネクタイを垂らす…ネクパイ!
 ネクパイで…その下品な胸で審査員共を篭絡するのよ!!』

と…それはもう厳命されまして泣く泣く…ぢ、ぢょ女子高生の…コスプレしました…
パートはボーカル、それからギター…私は演奏なんて無理なので…
弾いてる真似だけのエアギターで…

「なあ、やっぱり女子高生のコスって事は…下は縞パンだったのか?」

「普通のですよ!普通の!!」

「そうか…違うのか…」

なんでそこで肩を落とすんですか部長…
この歳で…それも私なんかが縞パン穿いたら魔物扱いされて狩られますよ!!

「それより部長…会長って大きなおっぱいが好きって本当なんですか?」

「好きなんてもんじゃないぞ!?
 俺とタメ張る巨乳フリークだ!お前は当初、秘書課へ配属される予定だったが、
 お前の学歴と持ってる資格を理由に正論並べて俺が横から奪ってやった。
 そしたら、出世をチラつかせて卑屈に食い下がるんで、奴に言ってやったよ。
 だが、断る!と。
 この俺様の最も好きなことのひとつは、自分が一番偉いと思っている奴に
 『NO!』と断ってやることだ!!と。
 それ以降、奴と俺は不倶戴天の間柄よ!」

し、知らなかったです。私の配属を巡って会長と部長…当時は課長が争ったなんて…
そして、何気に自分も巨乳大好きをカミングアウトしてるじゃないですか部長…
部長の視線から守るよう、反射的に腕で前を隠してしまいます。

「なんで岸辺露伴ネタを…」

「YES!IAM!」

「いや、ジョジョはいいですから…」

ゴッドファーザーPARTⅡのイメージが…アル・パチーノが…台無しです。
スケアクロウ好きだったのに…スカーフェイス好きだったのに…
HEATはカップリングし放題で特に大好きだったのに…
特にトム・サ●ズモア様攻めで…ヴァル・キ●マーが受けで…芳忠さんがアハーンて!
あとあとロバート・●・ニーロの正種ボイスもすっごく萌えました!

「ん、誰か来たな」

「ほえ?」

ちょっとトリップしてたみたいです。
現実世界へ立ち戻ると、エントランスから人の話し声…
壁に反響する足音が聞こえてきました。
男女の睦まじい…イチャイチャしてる艶っぽい声…
聞いたことあります、この声…これは間違いなく会社の人です!
私達、足を止めて待ってみると…
現れたのは…営業部のA係長と…
一次会でガールズバンドのリーダーをした…ギター&リードボーカル先輩!!
私に屈辱の女子高生コスを命じた張本人!
A係長の腕にしがみつくようにして歩く…周囲の目など憚らぬイチャつきっぷりです!!

「はわわわわ、あの二人…お付き合いしてたんだ…」

「俺の大切な部下が糞営業部の糞野郎の毒牙にかかっていたとは…」

今まで浮いた話などひとつもなかった先輩が…
製造や設計を泣かせて美味しいところだけを頂く悪鬼羅刹…
三階でエレベータを降りた先にあると噂される修羅の国(営業部)の男子とお付き合い…
部長が怒るのも仕方ありません!
ズルいです先輩!ズルすぎます!!
ロミオとジュリエット並な恋を満喫してるなんて…
私なんて男性とお付き合いなんてしたことないのに!
あ…こともあろうに…
キ、キスしてますよ!?小鳥が啄ばむみたいにチュッチュ!チュッチュ!と…
イチャイチャするにも程がある熱愛ぶりを見せつけられ…
立ち尽くしてますと…

「え!?」

「な、なんだと!?」

部長と私…思わず顔を見合わせてしまいました。
だって…二人は私達がいることに全然気付いてなくて…
イチャイチャしたまま通り過ぎて…駐車場へ向かって行ってしまいました。

「上司と後輩の存在に全然気が付かないなんて…どんだけラブラブ…」

あれが噂に名高い都市伝説…『恋は盲目』…
宴会でハルヒの顔真似付きで『God knows』を熱唱してた先輩とは思えません。
盛りのついた雌って感じがムンムンでした。
宿敵の営業部の男子と恋愛してあんなに充実してるなんて
先輩…許すまぢ…二次会へ行ったら全部、皆に言いつけてやるんです!

「俺、部屋に戻って風呂入って寝る…」

可愛い魔女ジニーのベロウズ大佐みたいなことを曰い、
部長は…こめかみを指で押さえながら今来た通路を戻って行ってしまいました。
通路に一人残された私…

「ハァ………」

ため息をひとつ…

>>続きを読む

 
  • こげ

    >なべっちΣ( ̄◇ ̄*)様
    自身のドッペルゲンガーと会ってしまうと死ぬって言われてますよね
    別の場所で同時刻に大勢の人に目撃されるというお話もありますし…ピタゴラスもでしたっけ
    怖いですよね
    コメントありがとうございます♪

    >[5291] 天通の七不思議様
    自己像幻視ですね♪脳腫瘍などを患っている患者の方が見る例が多いとか
    別の場所で同時に現れるドッペルゲンガーの方はまだ分からないんですよね
    不思議で怖いすよねドッペルゲンガー
    コメントいただきありがとうございます♪

     
  • 匿名

    本当だよ。ただの都市伝説とか迷信じゃなくって、自分のドッペルゲンガーを見る、ということは、脳に何らかの異常があってそれからくる幻視だと言われていて、脳の重篤な病気であることが起因だと見られているんで、だとしたら…ほぼ確実に死ぬ……。

     
  • なべっちΣ( ̄◇ ̄*)

    ドッペルゲンガーだ?!
    Σ( ̄◇ ̄*)

    おいらも自分自身に遭遇してみたいもんだ[i:63903]
    -ω-`)⊇

    遭遇したら死ぬと言う都市伝説は本当なのか!?
    Д°)⊇クワッ
    ∪[i:63925]

     
  • なべっちΣ( ̄◇ ̄*)

    ドッペルゲンガーだ?!
    Σ( ̄◇ ̄*)

    おいらも自分自身に遭遇してみたいもんだ[i:63903]
    -ω-`)⊇

    遭遇したら死ぬと言う都市伝説は本当なのか!?
    Д°)⊇クワッ
    ∪[i:63925]

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★