【怪異】みさき荘/HN:ロビンM

みさき荘/HN:ロビンM

俺が小学六年の時に、場所は忘れたが家族全員揃って海水浴に出かけたんだ。

一泊の予定で泊まった民宿の名は今でもはっきりと憶えている。

宿名を「みさき荘」といった。

古い建物だ。

いくらシーズン中で部屋が取れないとはいえ、こんな何十年前から建っているのか分からないボロい民宿に決めるとは、さすがに俺の親父だなと今になって思う。まあ、ペットOKの宿がそこしか無かったのかも知れないが。

しかも思い立ったら即行動という親父の計画が裏目に出たのか、その日の海は大荒れでとても泳ぎに出れる波では無かった。

さすがは俺の親父だ。

「 あーあ、もう最低!!」

窓から見える高波に癇を発し、妹の美菜が拗ねてブラウン管テレビのチャンネルを回した。

ガチャガチャガチャガチャ

『 あーーー(´Д` )!いくーーー!!』

なんという事か、突然俺達家族の目の前で、裸の男女が繰り広げる18禁映像が残酷にも鮮明に移し出されたのだ。

『 あーーー(´Д` ) あ、あ、あ、いく、いく、いっくーーー!!!』

チャンネルを回していた美菜の右手はショックの余りカタカタと震え出し、目を見開き、大きな口を開けたままで固まってしまった。

無理も無い。

小学校に上がったばかりの純真無垢でいたいけな少女が、目の前で繰り広げられるこんな卑猥な映像に耐えられる訳もない事はあのジミー大西氏でも分かる筈だ。

しかし有料チャンネルの筈が一体何故…? 一つの疑問が残る。

恐らく前の宿泊客が金を入れたまま帰ったのか、単にテレビの故障なのかは残念ながら今もって解けない謎だ。

「 お、おまえ達は部屋で遊んでいなさい… 絶対に外にでるんじゃないぞ! お、お父さん達は風呂に入ってくるからな!」

親父はバツが悪そうにそう告げると、母親を連れてそそくさと部屋を出て行ってしまった。

『 あーーー(´Д` )!!いく、いくう、あっはーーーん♡』

…プツン!!

便所へ行っていた夏美がいつの間にかテレビの側に愛犬マモルを抱っこしながら立っており、ニヤニヤしながら電源のツマミを押した。

「 兄貴ー、私知ってるよw この人達ってエッチな事してたんだよねw」

この美菜と同じ顔をした夏美は、双子の姉の方にあたる。美菜とは少し性格が違い、負けん気が強く、やたら喧嘩も強く、曲がった事が大嫌いな武闘派だ。

多分、親父の血を多めに引き継いでいるのだろう。

「 おい夏美!そんな事より美菜を運ぶの手伝え!」

美菜は先程のショッキング映像のせいで、正座をしたまま気を失っているようだ。目が逝っている。

カビ臭い布団を引き、よいこらしょと二人掛かりで美菜を運んでいると、一階の方から親父の怒号が響いてきた。恐らく宿主に文句を言っているのだろう。

「 あーあ、折角海に来たのになんか勿体無いなぁ… 」

夏美が窓の外を見つめながら溜息をついた。

ここから見える海は相変わらず荒れており、空は灰色で小雨がパラパラと舞っている。風も強いようで窓の隙間からピューピューと音が聞こえる。

「 ねぇ海行こうよ兄貴!泳がなかったらいいんでしょw?」

「 ば、馬鹿かお前?!親父に見つかったらシバかれんのは俺だぞ!駄目に決まってんだろ!」

「 はぁ?何ビビってんのよ兄貴w 大丈夫だよ、ちょっとだけだから!お父さん達がお風呂上がってくるまでに帰るからさ!ね、お願い!」

「 だから無理なんだって!しつこいんだよお前は!さっき部屋から出るなって言われただろ!」

俺は幼い頃から親父のゲンコツの威力を体で覚えさせられていた為に、夏美のこの暴言は命を張ってでも止めなければならなかった。しかし…

(*`へ´*)

そこには指をポキポキと鳴らしながら、現役時代の的場浩司並みのガンを飛ばしている夏美がいた。

数分後、俺と夏美は海岸沿いの砂浜に並んで立っていた。

「 …波、すごいね…」

「 ああ、近くで見るとすげーな!」

『 本日は高波のため、遊泳禁止となっております… 繰り返します… 本日は… 』

丸太に括り付けられたスピーカーから、無機質な声が風に乗って聞こえてくる。

ザザーーー…

ザザーーー…

俺達よりも遥かに高い波が幾度も打ち寄せては、また引いてゆく。

ビュオーーー!!…

ザザーーー…

「 あっ!!」

強い風に煽られて夏美が被る白くツバの広い帽子が飛ばされ、うねる波の中へと消えていった。

ビュオーーー!!…

「 お、おいヤバイだろ、あれ母ちゃんに貰ったやつだろ!!」

ビュオーーーおえおオうー!!…

「 …ちょっと兄貴静かにして!」

「 えっ?」

ビュオーーおえおえオあオお!!…

「 なんか風の音とは別に変な声みたいなの聞こえない?」

確かによく風の音を聞いてみると風の音に混じって呻き声の様なものが… しかも一人ではなく、大勢の人間が一斉に呻いているように聞こえる。

ビュおおおえおおオオおおおおオオおおおおオオおおえあおオオおおおおオオおおおおオオおおおおオオおえおお!!!

「 ひっ!!」

「 あ、兄貴あれ!!」

夏美が指さしたのは俺達が泊まっているあの民宿みさき荘だった。

「 えっ、何だ?何があるんだ?」

目の悪い俺はオデコに掛けていた眼鏡をかけて、先程俺達が覗いていた二階の部屋を見た。

すると窓越しに真っ白な服を着た髪の長い女が此方をジッと見つめていた。

「 だ、誰だよあれ?か、母ちゃんかな?」

「 違う…お母さんあんなに髪の毛長くないもん、兄貴、あの人の事あんまり長く見ない方がいいよ…」

「 じゃ、じゃああれ誰だよ?なんで俺達の部屋にあんな女がいるんだ?もしかして旅館の人かな?」

「 だから違うって!!」

ビュオーーーおえおオオおおおおオオおおおおオオおえおお!!!

「 うわああ!!何だお前?!」

再度、強い突風が吹き、慌てて夏美の手を掴もうとした時にそいつは後ろに立っていた。

腰まで伸ばしたびしょ濡れの長い黒髪。ビッタリと体に貼りつく白いワンピースを着た女。

顔は生気の無い土色、目は窪み、口は欠伸をした時の様に大きく開かれていた。

「 うわあああああ!!」

ザザーーー!!…

「 きゃあ!!」

次の瞬間、夏美は人形の様にパタリと倒れそのまま一瞬で波の中へと引き摺られて行った。波から伸びてきた幾つもの長い「手」によって…

「 夏美ーー!!!」

俺は慌ててTシャツを脱ぐと、パンツ一丁で荒れる海の中へと飛び込んだ。

「 どこだ?!どこだ夏美ーー!!」

泳ぎにはかなりの自信があった方だが、自然が作りだす大きな力の前には全く歯が立つ筈も無い。何度も波を被り大量の塩水を飲んで噎せて涙が止まらなかった。

ものの数分で体力を奪われた俺は、兎に角力の続く限り夏美の名前を叫び続けた。

「 ……に…きぃ…… 」

「 !!!」

もうダメだと諦めかけた時、微かに夏美の声が聞こえた。

「 どこだ?!どこにいるんだ夏美ーー!!」

辺りを見回していると漸く波の隙間に夏美の姿を捉えた。

既に波と塩水のせいで殆ど目は開いていないが、最後の力を振り絞って夏美の元まで必死で泳いだ。もうそれがクロールなのか、平泳ぎなのか、犬掻きなのか分からない無茶苦茶な泳ぎ方だったと思う。

何度も波に押し流されそうになりながらも、あと少しで夏美に届く所まで来た。どうやら夏美は遊泳許可区域を示す丸いブイに掴まっているようだった。

夏美も必死なのか、顔を顰めながら必死でそれにしがみ付いている。

だが夏美を抱き締めた時にその黒いブイの異変に気付いた。

「 …な、夏美… お前それ、何にしがみ付いてんだ…?」

「 ………… 」

どう見てもそれは人間の頭だった。

夏美の二の腕にまで巻き付いた長い黒髪は先程のあの女である事は間違いなく、ゆっくりと此方を振り返った女の窪んだ目をみた瞬間、天地が逆転した感覚に襲われ、そのまま俺の意識は飛んでしまった…

わん!わん!わん!フガ…

わん!わん!わん!フガ…

「 …ん…? ま、マモル…?」

「 良かった!兄貴目ぇ醒ましたよお父さん!!」

「 お、本当か美菜!チッ、このガキャ心配させやがって!!」

ガツン!!!

海岸で目を醒ました瞬間、親父の硬いゲンコツによりまたも意識を失った。

「 …ん…?」

再度目を醒ましたのは夜の七時を回った頃だった。

ズキズキと痛む頭を押さえながら隣りの部屋を覗くと、俺以外の全員 (マモル含む) が夕食を食べながらテレビを見て笑っていた。

「 えっ、夏美!おい、お前大丈夫なのか?!」

「 …………?」

俺は布団から飛び出し、呑気に焼き魚を食っている夏美にしがみ付いた。

ドグッ!!

「 痛っ!!(´Д` )/ 」

重い肘を腹に貰った。

「 やめてよ気持ち悪いわね!大丈夫って何よ?それはこっちの台詞じゃないバカ兄貴!!」

「 …へ?」

そろそろ書くのにも疲れてきたので、夏美がいう事をザッと要約するとこうだ。

まず、海岸に夏美は行っておらず、親父と母ちゃんの後について風呂へ行っていた。

三人で部屋に帰って来ると俺の姿がなく、マモルが窓際でクルクル回りながら外を見ろというので見たら俺が一人で砂浜を歩いており、波に呑み込まれるのが見えた。

昔、ライフセーバーの経験がある親父がすぐ海に入り俺を助けた。

親父が追い付いた時、俺はブイに捕まり既に意識を無くしていた。

と、まあこういう事らしい。

「 マモルに感謝しとけよロビン!助けんのが後もう少し遅れていたらお前は完全にサメの餌になってたんだからな!わははは!」

酒の弱い親父が熱燗で赤くなった顔を崩して下品に笑っている。

マモルを見ると、テレビを見ながらまるで「気にすんな」とでもいいたげに尻尾だけをクルクルと回している…

なんか納得いかない

いや、全然納得いかない

もしかすると俺は頭がおかしくなってしまったのだろうか?

あの時確かに夏美は俺と一緒にいた。砂浜に立ち、一緒にあの女も見た筈だ。

しかしあんな目に会った筈なのに、夏美は今何事も無かったかの様にマモルの背中に顔を押し当ててモフモフしている。

「 やはり俺が間違っているのか…」

これ以上考えると腹が立って来そうなので、もう考えるのはよそう。

「 大体こんな薄汚い、気持ち悪い民宿なんかに泊まるからこうなるんだよ…ブツブツ…」

地獄耳の親父がピクリと反応した。

ぐぅ〜

腹が鳴った。

気持ちを切り替えて俺も晩飯に参加しようと立ち上がった時に口の中に違和感があった。奥歯に何かが詰まっている感覚。

なんだ?

人差し指と親指でそれを摘み、ゆっくりとそれを引き出す。

「 ぎゃーーーーーー!!!」

俺は本日三度目の気絶をし、翌朝チェックアウトの時間まで一度も目を醒ます事は無かった。

【了】

2014年12月01日(月) 03:22
ロビンM ◆eBcs6aYE
投稿広場より掲載

 
  • やまっち妻

    意外なところで、鮫にやられた肉片。

     
  • 匿名

    ↓さん、
    読み手一人ひとりが想像するんだよ。
    10人が読めば、10通りの恐怖があるのさ…。

    ちなみに僕は、女の髪の毛だとオモタ

     
  • 匿名

    教えてください。
    奥歯に詰まっていた物は何ですか?

     
  • ロビンM

    やあロビンミッシェルだ。

    コメントありがとう!何故かマモルが大人気で嬉しいよ…ひひ…

    偶然、いまそのマモルに纏わる怪談を書いている所だが、次回なんとマモルにまさかの急展開が訪れる!!…ひ…

    いいから早く麗子書けよ!って声が聞こえてきそうだが、楽しみに待っていてくれ!

     
  • 紫姫

    わぁい。マモルちんの 話しだね♪♪♪ ロビンさん今回も… マモルちんに 助けて もらって 良かった♪ あの 白いワンピースの 幽霊は、 ロビンさんを 騙して オオシケの 海原へ 引き摺り 込む為に 夏美さん に 成りすます とは、 手の込んだ 作戦?… 兄妹 愛を 踏みにじる まさしく 悪霊です(怒) それにしても、 親父様は、幽霊退治や 若い頃に ライフ・セーバー の 経験者って 凄い 頼もしい ですね。 ホンマに 九死の一生でした。 色々とロビンさんは、幽霊と係わりますね。 やはり これも 又 偉大な 親父様の血を 受け継ぐ 宿命 かも知れない。

     
  • 匿名

    久しぶりのマモルくん登場にキュンてなった(●´mn`)

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★