【怖い話】怖い動物/HN:やまっち妻

怖い動物/HN:やまっち妻

実家にいた頃母に聞いた話。

母はまだ学生。いつも自転車で、学校に。その道のりに、ひときわ目立つ屋敷があったそうな。

格子戸の向こうには放し飼いで玉砂利をいったり来たりしている「ダットサンくらいのブルドッグ(←それはないだろ)」が居たそうです。

ある夜部活で遅くなった母は、自転車をこいでいる所、ぐるりから野良犬の威嚇声を聞き。気がつけば囲まれておりました、野犬共に。

大急ぎで目と鼻の先の家にペダルを踏み込もうとすると、目の前に、いました、ダットサン。他の野犬をチンピラとすれば明らかに組長クラス。

「逃げな!」母はペダルを踏み込み斜めへ。そこにコースを読んでいたように飛びかかってきたダットサン。…ギャウーン!セリ声。母のチャリが勝ったのです。

そこに「おーい、どないしたんや!」飼い主のおっちゃんが来たそうです。

「すごい声やったから来たんや、自転車に轢かれたんか、おぉかわいちょうにな」「…あの、犬に囲まれて…」

母が言ってもチンピラ共は既に散っていました。証拠がない。

「夜くらい放したってもエエやろ!」その時です。ダットサンがおっちゃんに思い切り噛みつきました。悲鳴のおっちゃん。

即、家に入り交番に連絡。即座に来た駐在さん。「ナニコレ?なんもないやん」そっと外に出ると…おっちゃんもダットサンも居なくなっていました。

後日、母は、ブスッとした表情で盆栽をいじるおっちゃんと、敷地内なのに鎖で繋がれているダットサンを目撃したそうです。

「…な、犬って怖いやろ」と母。私は答えました。「いやあ、その話、おっちゃんが一番コワイ」

 
  • 匿名

    昔は野良犬どこにもいたよね
    危険な時代だった

     
  • 匿名

    野犬のボスのダットサンが母チャリに負けたから助かったんだね しかしそんなヤバイ犬を放し飼いにすんなって話だな

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★