【不思議】白昼夢/HN:ロビンM

白昼夢/HN:ロビンM

イチパチを打っている俺の三台隣りの席で、スキンヘッドにサングラスというスジ者丸出しの出で立ちをした厳つい親父が、台を蹴ったりゴンゴンと小突いたりしている。

「 畜生、出ねえなこの台は!!」

ガン!ガン!ガン!

周りの客は巻き込まれるのを恐れてか、ソソクサと違うレーンへと移動を始めた。

しかし妙な事に席を立つ内の何人かは、俺の方を見ながら怪訝な表情を浮かべている。…気の所為か…?

ガシャ嗚呼アアアン!!!

言ってる間に、遂にハゲが調子に乗って台の硝子を割っちまった!

慌てて集まってくる従業員達。

「 なんじゃこの台は?!二万も突っ込んで一回も出ねえイチパチが何処にあんだよクソッタレ!!!」

身長二mをゆうに越える凶暴なハゲが従業員達に喰ってかかる。

ガシャアアン! ガシャアアン!

正にゴリラだ。

両腕にしがみ付いた従業員達を軽々と振り回しながらウッホ、ウッホとレーンを練り歩き、力尽きた従業員を一人ずつ振り飛ばして行く。

ガシャアアン! ガシャアアン!

「 こっち来んじゃねぇよ!」

ゴリラは一頻り店内を練り歩いた後此方に向かって戻ってきたのだ。両腕にはまだ三人の従業員がぶら下がっている。

だがしかし俺の台は確変中だ。絶対に今邪魔をさせる訳にはいかない!

俺は後ろポッケに忍ばせている特殊警棒に手をやり、何時でも攻撃が出来る体制を整えた。

ウッホ! ウッホ!

ガシャアアン! ガシャアアン!

更に二人が飛ばされて、ぶら下がっている従業員は遂に一人となった。

店長だろうか?

必死の形相でゴリラに振り飛ばされまいと懸命にしがみ付いているが、ズレた眼鏡とバーコード禿げに刺さった硝子片が妙に痛々しい。

彼方此方から上がる悲鳴や怒声にも耳を貸さず、既に野生の猛獣と化した男(ゴリラ)に最早言語は通用しない。はだけたアロハシャツの前から覗くジャングルの様なモジャモジャ胸毛を隠す事もなく雄叫びを上げた。

うおおおオオっホオおお!!!

「 あっ!!」

カシャアアアアアン!

店長の丸眼鏡がゆっくりと空中で三回転した後、地面にぶつかり粉々に割れた。と、その時だった。

ぎゃああああ嗚呼ああ!!!

突如、店長は断末魔の様な雄叫びをあげ一瞬で上着が消し飛んだ。

髪は逆立ち、赤く紅潮した顔、首、胸、腹、しかも頭からは沸騰したかの様にモクモクと湯気が上がっている。

「 おまえはボクを怒らせた!許さない!!絶対に許さない!!いいいいい!!!」

まるでカメハメ派前の「亀仙人」かの如く、ゴリゴリに隆起した筋肉をペシペシと両手で叩きながら一歩ずつゴリラとの距離を縮めて行く。

その手にはいつの間に用意したのか鋭いタガーナイフが握られていた。

左右の目はギョロギョロと生き物の様に動き、ほくそ笑みながらそれは正に秋葉原通り魔事件の「加○」を思い出させる程に完全に逝っている。

「 負け組は生まれながらにして負け組なのです、まずそれに気付きましょう。そして受け入れましょう!」

店長が意味不明な言葉を口にした瞬間、ゴリラの強烈な平手が店長の顎全体を捉えた。

バチコン!!!

グルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグル

ブチッ!!

ガシャアアン!!!

店長の首はもの凄い速さで回転した後、骨が耐え切れずに千切れてカウンターの商品棚までライナーですっ飛んで激突した。

ウッホ♪ ウッホ♪

ゴリラは嬉しそうにバナナを喰いながら勝利のダンスに興じている。

しかし妙な事に首を飛ばされた店長がフラフラとしながらもまだ倒れない。千鳥足とでも言おうか?タガーナイフを手にゆっくりと此方へと近づいて来る。

ヒヤリと背中に冷たい物が走った。

この店全員の眼が俺に集中しているのだ。

騒いでいた常連客、従業員、ゴリラまでもが無言で俺を見つめている。

「 若者が希望を持てる社会などと言われたりしているようですが意味不明です。何故そうやって社会のせいにするのか全く理解できません。あくまでも私の状況です。社会の環境ではありません。勝手に置き換えないでください!!」

店長は首の無い事を完全に無視してそう叫んだ。

「 僕にも友達はいる!でも孤独だった!生身の女に興味が無いワケでは無い!でも孤独だった!孤独だった!孤独だった!孤独だった!孤独だった!孤独だった!孤独だった!孤独だった!孤独だった!」

店長は首が無いのを無視して涙を流している。

「 孤独だった!!!!」

耳元でその叫びを聞いた次の瞬間、ヌラリと光るタガーナイフが俺の頭上へと振り下ろされた。

「 おい!出ねえぞこの台!」

ガン! ガン!

その声と音に反応して俺は目を開けた。

隣りではスキンヘッドにサングラスという出で立ちの男が、煙たそうに煙草を咥えながら怒鳴っている。

夢だったのか?

確変を知らせるランプが点いた。

ジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラ…

「 よしよし、そういえば最近寝てなかったからな!寝不足の時の俺は調子がいいんだ♪♪ 」

隣りで此方を睨むゴリラを横目に、玉を空箱に滑らせる。

ジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラ…

箱が一杯になり従業員が新しい箱を俺に差し出す。その中には血のついたタガーナイフが。

「 僕は、孤独だったんだよ… 」

目の前の硝子窓には首の無い男が俺をジッと見降ろしていた。

【了】

2014年12月17日(水) 17:35
ロビンM ◆eBcs6aYE
投稿広場より掲載

 
  • 紫姫

    色んな ジンクス持ってるのねぇ~!? 紫姫も 一時期 パチンコ ハマリ ました… うひひひ。 行きつけ の お店に 夜8時~24時迄 約1万使い 5万円利益? 微々たるだが、一週間通い 3日間続いたけど… 2ヶ月 空いたら 2万円使い過ぎたので 悔しくて 行かなかったら 何時の間にか その お店潰れてたゎ(笑) まぁ~ パチンコ依存ならずに すんだゎ 何回か 他の お店行ったが、落ち着かない ので 10分も たたずに お店を出た。 合う 合わないって 有るのかな? 今は、 パチンコ = トイレ& 喫煙所 &休憩に 利用してる♪ 喫煙所は、ソファー有るし トイレが、綺麗だし 個室が、多くゆっくり出来る。

     
  • 匿名

    笑いながら読んでましたがオチでゾクッとしますね

     
  • 紫姫

    なんと!? ロビンさんは、 ゾンビ映画等に ハマってる? まぁ 紫姫は、バイハザー (映画版) ファイナル・デッド・コースター?①~⑤シリーズ (飛行機→ハイウェイ&踏切→ジェットコースター→ カーレース → ブリッジ)主人公が、何故か 事故で 死ぬ 予知夢を見て 数人 助かる でも 次々に 死のピタゴラス・スイッチ 如く 助かった 人 が、次々に死ぬ。 ハマり 何度も… レンタルDVD屋へ 他の作品探して 特に 観るの 決まらない時に 上 ↑作品 を 手に取る。 レンタル店舗によるけど エルム街の悪夢シリーズやダークエンジェルシリーズ が、 置いて 有れば 必ず見る(エルム街)は、何回見て も 飽きない。

     
  • 匿名

    ロビン氏のオヤジがゴリラになったのかと思ったwwww

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★