【SS】世代交代/HN:いくゆみ

世代交代/HN:いくゆみ

最近では煙突が少なくなった。

サンタクロースといえば昔は煙突から入るのが当たり前である。

何だが…昔ならではの事が引き継がれていかないのは悲しいと感じる。

「珍しいな、煙突の家だ。ここには子供が二人で妖怪のぬいぐるみとゲームソフトか…」

紹介が遅れた。

私は35万2749代目サンタクロース。

夢と希望を子供に与える者だ。

子供の笑顔を思い浮かべるだけで幸せな気持ちになる。

「よいしょっと」

登るのは大変だが煙突を見ると心踊る。

やはりサンタクロースといえば煙突だ。

私は煙突から中に入った。

「次のサンタクロース、誰にするんすか?」

「ちゃんとサンタクロース注意書に書いたはずなんだがなぁ…」

サンタクロース委員会では相次ぐサンタクロース死亡に悩んでいた。


「煙突から中に入ったら危ないっすよね!」

「昔のイメージに囚われた世代に任せると危ないな…」

サンタクロースにも世代交代が必要なのかも知れない。

「ソリにトナカイも古いっすよね。ばんばんスポーツカーで行きましょうよ」

若き波が押し寄せる。

「寝てない子供にめっちゃ配って…有り難く思われたいっす」

我々はどうするのが正しいのだろうか…

どこも後継ぎには困っているのは確かである。

私としてはバカ息子にだけは継いで欲しくないと思っていたが、もうサンタクロースを継いでくれそうな人がみつからない。

どうしてこうも伝統を軽んじる人間はやる気満々なのか…

頭が痛い。

「まぁ、俺しかいないっしょっ。サンタに革命をもたらすぜっ」

彼はその後、サンタ界に革命をもたらした異端児として世界一有名なサンタクロースになった。

世の中は意味がわからない。

 
  • 紫姫

    バイク便かな? それとも… ヘリコプター♪☆★

     
  • 匿名

    スポーツカーも古いかと(´д`)

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★