【心霊】取り憑かれた小原家の長男/HN:福しま

取り憑かれた小原家の長男/HN:福しま

鹿児島県に住んでいる叔父の話をします。

叔父は、親戚中でとても素行が悪く、自分の私利私欲の為なら、自分以外の人間の命や立場、人生を踏みにじることなど容易い人格で、

脅威を感じた叔母達も付き合いを控え、鹿児島県から他県へ引っ越した矢先の事、神奈川県に住んでいた叔母が亡くなりました。

叔母は生前、鹿児島県の叔父に『てつおあんさん(てつお兄さん)なんか大嫌い!!』と、心底嫌い、また憎んでおりましたから、長年の積年の恨みたるや想像をこえるものと思っております。

叔母が亡くなった1年後、その叔父の体に異変があり、あちこちの病院へ行きましたが、原因がわからず、

叔父は、祈祷師の元へお祓いへ行ってみたところ、亡くなった叔母が取り憑いており『てつあんさんが大嫌い許さない』と、しがみついていたそうです。

よくある話ですが、親戚の人間に本当に起こるなんて想像もつかず、祈祷師に何も素性を明かさなかったのに、叔母の名前や亡くなっていることを、言い当てたそうなので、見えない世界がすぐ側にあることを感じました。

それに、人に恨まれる様な事はするものではないし、いつでもお天道様が見ているんだなと思いました。

悪党な生き方をする人は、目がつり上がり醜悪な顔で老いを迎え、善良な心持ちで生きている人は、柔和な顔つきで老いを迎えるのだと学びました。

 
  • 匿名

    碓氷作品書き込み注意

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★