【笑える霊】幽霊の居場所/HN:いくゆみ

幽霊の居場所/HN:いくゆみ

気配がして後ろを向くと誰もいない。

そんな体験をした事がある人はたくさんいるだろう。

しかし、そんな時は上にいるらしい。

これはそんな話である。

僕の名前は梶井という。

なんの取り柄もない小学生だ。

勉強は中の下、運動は下の中。

趣味と呼べるようなものは何もない。

ただ幽霊を少し感じる事が出来る。

視える訳ではない。

何もかもが中途半端。

それが僕という人間の本質なのかもしれない。

ま、まただ…幽霊がいる。

こうして幽霊をたまに感じる。

視えないから怖いとは思わない。

別に何かされた事もない。

後ろを振り返るが、やはり幽霊はいなかった。

そういえばテレビで見た事がある。

気配がして後ろに何もいない場合は上にいる。

そんな事を急に思い出した。

何気なく上を見る。

何も履いていない下半身だけの男の幽霊がいた。

「ぎゃああああああ」

僕は気絶した。

 
  • 鼻血ブー助

    気絶するわな…丸出しの下半身じゃ……しかも、男orz

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★