【怖い話】戦湯/HN:0.血苺

戦湯/HN:0.血苺

寒い季節は、やはり銭湯が最高です。
内風呂より断然、暖かい。
それに…

もはや立派なオバさんの私が、“お姉さん”扱いしてもらえる天国なのです。
何しろ、常連さんの年齢が高いですから。

もちろん、私よりずっと若い娘さんも居るには居ますが、彼女たちは常連さんたちとの間にしっかりと壁を造って、コミュニケーションは取ろうとしないのです。

たまに、

「若い人は駄目だね。躰を拭かないで脱衣所を歩くからビショビショだよ」
「ドライヤーかけた後、髪の毛が散らばったままにして…酷いもんだね全く」

等、娘さんの代わりにお小言を頂戴するのは閉口するのですが…

彼女たちとの会話は中々楽しいのです。

銭湯では(少なくとも女湯では)、皆100均で購入したと思しき小さなカゴに、シャンプーやらボディウォッシュやらを入れています。
私はそれを、マチ付きのズック鞄に入れて持って行くのですが、ある時一人の常連さんから訊かれました。

「お姉さんの鞄、良いわねえ。それ、まい◯すけっとで買ったの?」
「あ…これはミ◯ドでポイント貯めて貰ったんです」
「は?ミスデポイント…この辺にある店?」
「いや…ミス◯ードーナツで…」
「…みすた…何?」
「…ドーナツ屋さんで、貰…買いました」

…お互いの思考が乖離していくのを感じざるを得ません。

我が家ではあまりTVを観なかったので、地デジ化の時、特に対応しませんでした。

その時も、銭湯で隣り合わせたご婦人に
「うち、今TV無いんですよ」
と話したら、
「あら、じゃあラジオは有るの?」
心配そうに訊ねられ、
“…だからいざという時はケータイのワンセグで…”
と続けようとしたのを飲み込み、苦笑してしまいました。

でも、煮物のコツを教わったり、充実した会話をする事も多いのです。

常連さんの中に、いつも同じ時間に来て隣同士で喋っている、仲の良さげなお二人が居ました。

声が大きいので会話も良く聞こえるのですが、
日常会話の他に良く出る話題は、Aさんはご主人の話で、Bさんは妹さんの話のようでした。

Aさんは60代後半くらいの年齢ですが、まだ女を忘れていない、身綺麗な感じの人です。
ご主人とも睦まじいらしく、二人で旅行に行った事や、美味しいものを食べに行く話をしょっちゅうしていました。
Bさんは、Aさんより少し年上に見えます。どうやら妹さんが、長く患い付いているようでした。

お二人の会話には、私も時々違和感を覚えていました。
何と言うか…Aさんがご主人の話をすると、必ず脈絡なく、Bさんが妹さんの病状の話をするようなのです。
Aさんは大抵、複雑な表情を浮かべて話題を変えました。

別の常連さんがこっそり教えてくれました。
Aさんのご主人、実は元々Bさんの妹さんの旦那さんだったそうです。
所謂、略奪婚だったのだと。

私は複雑な思いに囚われました。
実のところは、半信半疑だった事も否めません。
ご本人から直接聞いた訳では無かったですし…女って幾つになってもゴシップ好きなんだなーと、話してくれた方を見て思いました。

私も、そうしょっちゅう銭湯に行く訳ではありません。何しろ、460円もかかりますから^^;

なので、Bさんの妹さんが亡くなったと聞いたのは、それから半月も過ぎてからでした。
そんなに重い病状だったんだ…私は驚きました。

それから更に数日後、私は銭湯の日替わり薬湯に浸かっていました。

…唐突ですが、女性の乳房って、お湯に浮くのは普通の事ですか?
私が経産婦で、やや垂れてきているから、ハリが無いから浮くのでしょうか…
白濁した湯の中で、(…全く、貧乳なりに垂れるんだよなあ…)と溜息を吐いていると、

「こんばんは。久しぶりね」
「あ…こんばんは」

Bさんが湯船に入ってきました。

私はとっさに、妹さんのお悔やみを口にしようとしたのですが、あまりに日が経ってしまった事に躊躇しました。

代わりに、

「今日はAさん、来て無いんですね」

そう言うと、Bさんは

「来ないでしょ。だって旦那が死んだんだから」

そう、吐き捨てるように言いました。

「え!?……」

私は絶句しました。

Bさんの薄っすら笑った表情が怖くて、まだ温まり足りなかったのですが、早々に上がりました。

後日、又あの常連さんから

「Bさん、Aさんに“あの世で今度こそ一緒になってるわね”って言ったらしいよ」

と、聞きました。

…まあ、Aさんのご主人が急死されたのは事実ですし…
以来、銭湯にAさんの姿はありません。

あの二人…一見普通だったけれど、実はずーっと戦っていたのだなあ…と、なんだかしみじみしてしまいました。

銭湯みたいなリラックススペースにも、思わぬドラマがあるものです。

 
  • 0.血苺

    ありがとうございます。

    お二人がどういうつもりで一緒にいたのかは謎ですが…
    私は全然、洞察力なんかありませんよ〜!むしろボンクラです。

    世代の違う方たちと接すると、たまに思いがけない話が聞けたりします。

     
  • 匿名

    ほのぼのした中に女同士の水面下(湯面下?)での葛藤があったのですね?
    こういった日常に潜むものを上手く書き表す血苺さん、素敵です。
    一見、見逃しがちなことがらですから、見事な洞察力に感心です。

    プロのエッセイストの方が書いたエッセイを読んだような感じで面白かったです。

     
  • 0.血苺

    紫姫さま

    ええ、まさに^^;
    戦湯と銭闘、タイトルどっちにしようか迷ったんですが…まあ、さほど変わらないか。
    差し障り無い会話の時は、笑い声さえたてていたから、本当不思議です。

    団子四姉妹さま

    女である事を忘れないのは大事だと思うのですがね〜…変に女でいるのは問題です。
    団子旨いですよね!日暮里の羽二重団子が食べたいなぁ(*^^*)

    5812七不思議さま

    確かに…旧くは源氏物語にも登場する“嫉妬にトチ狂った”女の生き霊は怖いです。
    私はジャニタレにはあんまり興味は無いですが、ファンは熱いですからね〜!
    ド変態男の生き霊の話ってありましたっけ?
    読んでみたいな…怖そうですね。

    5813七不思議さま

    ありがとうございます…もしかして、乳房に対しての考察のサイトかなんかですか?

    5815七不思議さま

    え!ニコ動にそんな動画が⁉︎
    …そっかー…やっぱり私の胸は消費期限が切れているんですね。
    確かに、最近はカップの大きさの合っていないユ◯クロのタンクトップばかり着てるしなぁ(ーー;)
    …同い年の友人は、ブラの紐がブラウスの襟元から覗いていたのを、職場の年下の男性から厭そうに注意されたらしいし…
    私も人前でババシャツのよじれを直すの止めよう。セクハラで訴えられちゃいますね。

    シリコンは沈むのか〜。なら、豊胸は食塩水でやるべきですね!

    …ああ、胸の話に喰いつきすぎてますねσ^_^;

     
  • 匿名

    おっぱいは湯に浮くか?だが、ニコニコ動画に検証動画なるものがあった。
    結論として、おっぱいは湯に浮く。おっぱいは脂肪で出来ている為、水より軽い。
    張りのある胸(椀形、釣鐘形)ならば全体の一割が湯から顔を出す程度だが、下垂形等たれ乳は胸の形を保持しようとするクーパー靱帯が加齢等の理由から損傷している為、さらに浮きやすくなる。クーパー靱帯の損傷は胸の大小に関わらず起きる。
    クーパー靱帯損傷予防としては、常にブラジャーを着用して胸を守ること。グラビアアイドルだったMEG■MIは運動するときはさらしをきつく胸に巻いて揺れるのを防いでいたそうだ。クーパー靱帯損傷を治す方法はネットで検索出来るが、真偽はわからん。
    シリコンで豊胸している場合は、シリコンが水より重い為、沈む。

     
  • 匿名

     
    ttp://6928.teacup.com/kongonoyotei/bbs
     
    ( 閲覧パス 2034 )
     
    長年の疑問が解決すれば幸いです。
    今後20年間の詳細な情報です。
     

     
  • 匿名

    男の生き霊って殆どがド変態って感じがするけど女の人って普通に生き霊飛ばしてる気がする。ジャニーズが中々結婚しないのはそのせいかな、と。
    キムタクは嫁さんが追っ払ってるんだな。いや、さすがの生き霊も恐くて近付けないレベルかも。

     
  • 団子四姉妹

    女性はいくつになっても「女」なんですね…コワッΣ( ̄□ ̄;)
    団子うめぇ

     
  • 紫姫

    まさしく Aさん と Bさんは、銭湯を 戦湯ですね♪…

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★