【生き霊】精霊に守られた/HN:ボサノバ

私の部屋には花も植物もない。理由は、期間をあけて、私の身代りになってくれたのが続いたため。
今回は、その中の一つを投稿します。

当時は部屋に生花を、観葉植物を飾り、いつも芳しい香りでいっぱいだった。
仕事は忙しくて大変だったが、そんな状況さえも楽しかった。

そんな中でも交遊関係は広がり、新たに友達になった人と逢うと必ず激しい疲労感に襲われた。一人で家にいても誰かがリビングにいる気配がある。
数日すると、夜中に金縛りにあった。憎しみに満ちた友達の顔があった。

首を真綿で締め上げられている感触、(なにもしてないのに…?)一瞬、気が遠くなった。
『ぎゃあ!!』、という叫び声を残し友達の生き霊は消えた。

何が起こったのか解らない、部屋を見渡すと花も植物も枯れている。眠りにつく前は枯れてなかったのに。
泣きながら、観葉植物をみると根元に挿し木したのだけが残っていた、『いつも綺麗にしてくれて、ありがとう。恩返しが出来ました』。

彼女は以前から私に一方的に嫉妬していたらしく、計画的に近付き『友達』になったそうだ。
自身の念が強く生き霊になりさ迷ったのは知らなかったそうだが、結局、何倍にもなり跳ね返り、消息は分からなくなりました。

命あるものに精霊が宿るのでしょうか?
精霊に助けられた体験談です。

 
  • 怪談マニア

    生き霊を飛ばした事があるかもしれない私としては、非常に身につまされるお話でした。
    植物様に南無~、チーン。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★