【噂】虫屋敷の未解決事件

これは20年ほど前に、町内で発生した未解決事件。

山のそばの森に囲まれた某一軒家は長い石段を登った高台に位置し、50代の夫婦が暮らしていたが、長らく連絡が取れないのを不審に思った市の職員が訪ねたところ、二人の腐乱死体が発見された。

ともに布団の中で仰向け状態で、室内は荒らされておらず、金銭や貴重品も手つかずということから、恨みによる犯行と思われたが、ほとんど有力な情報を得られないまま、半ばお手上げ的に時効を迎えた。

その後、ときおり家の手入れに来ていた親族の男性も寝室で遺体で見つかっているが、これまた窓や玄関は施錠されたままで、第三者が侵入した形跡も見当たないことから、事件性はないとされたようだ。

仮に犯罪ならば、ほぼ完璧な仕事だが、本当に人間の仕業なのだろうか。

と言うのも、彼らの死体には無数の蟻がたかっていて目を背ける情景だったという噂があるからだ。

でも普通、蛆は湧いても蟻が寄ってくるとは想像し難い。

強盗殺人とも考えにくいし、いちおう病死として処理されたが、腐乱が進んだ状況ではそれ以上の検証は難しいのかもしれない。

この家は薄暗い森の中に健在だが、今では訪れる人もなく、朽ち果てるに任せている。

ただ、周囲にはやたらと蟻の行列が目につくらしい…。

 
  • 匿名

    食殺屋敷と同じだな。
    これ書いた人間は、完成後に読み直したりしないのだろうか。
    辻褄の合わない、まるで怪文書だ。

     
    • 匿名

      来た!匿名さん!
      書いた人への批判コメント!
      母の日だったのに可哀想な人

       
    • 輝☆真夜

      管理人さんがダブって掲載してしまったんでしょうね……。
      新様式になって間もないので、管理人さんも慣れるまで大変なのかも知れないですね。

       
  • 匿名

    これ掲載済みだよな?

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★