【怖い話】自分にむかって笑う

791 本当にあった怖い名無し 2005/10/14(金) 00:31:45 ID:1d6H4UeT0

これはキングオブコメディっていうお笑い芸人の高橋健一っていう顔の腐ってないほうが体験した話しを楽屋で伊集院が聞いて、それをラジオで話したってことなんだけど。

小学校3年生の高橋少年は、団地に住んでて、その団地からだいたいの子供が同じ学校に通ってるんだけど
ある日、高橋少年がいつもどおり学校を終えて友達何人かで団地に向って歩いてると
1人の友達が上のほうにむかって指をさす。

「あれ、あんな子いたっけ」
高橋少年も指差す方向を見ると、マンションの階段踊り場に同い年くらいの男の子2人がいて
こっちを見ながら笑っている。

「なんだ、あれ」
高橋少年は不思議になる。まず、この地区にいる子はだいたい知ってる子だし、年も近そうなのに知らないわけない。
それに、笑っている。こっちの集団、友達何人かをではなくて、あきらかに高橋少年にむかってマンションの階段踊り場5階あたりから顔をだして笑っているのである。

「なに、笑ってんだよ」
高橋少年も少しむかついてくる。
「あんなやつみたことあるか?」
友達がみんなに聞く。
「それにあいつら高橋見て笑ってるぜ」
もう1人の友達も言う。
「引越しとかしてきたんじゃないのかな。もう帰ろう」
高橋少年はそう言って早歩きにもなりながら自分のマンションへ帰った。

次の日。
「またいる」
同じ場所から昨日と同じく高橋少年に向って笑っている。
「今日学校にあいつらいたか?」
「いや、みないな」
「学校いってないのか」
みんなで話し込む。ちらっと踊り場のほうを見る。やっぱり自分のほうを見て笑っている。
「いいよ、相手にしないで」
高橋少年はそう言ってまた自分のマンションへ帰った。

一週間後。
「うーん」「あ、鈴木くんあいつら」
「ああ」「今日もいるな」
「やっぱ高橋を馬鹿にしてる」
今日はクラス1強くて勇気のある鈴木くんも一緒にこっちの帰り道に来てもらった。
鈴木君は団地とは反対方向にすんでるのでいつもは一緒に帰らない。

「ふーん」鈴木君は踊り場の笑ってる2人を見る。
「んじゃ、ちょっくらいってくる」
鈴木君は走って階段を上り5階の踊り場につく。
「なんの話ししてんのかなー」
「けんかにならなければいいけど」
鈴木君と踊り場の2人はなにかを話している。

と、いきなり鈴木君が笑い出した。
「ん、どうしたんだろう」「仲良くなったのかな」
ハハハハと鈴木君は高橋少年にむかって笑い出す。
「・・・なんだよ」高橋少年は嫌な気分になる。

「ちょっと俺もいってくる」別の友達が階段をあがる。
そして、少し話す。
で、やっぱり高橋少年に向って笑い出す。

「んじゃ、俺も」「俺もー」
次々に上がっていく、そしてみんなで自分にむかって笑う。
高橋少年は怖くなってきた。「いったいなんなんだ」「俺がなにしたんだ」

とうとう階段の下にいるのは自分ひとりになってしまう。
高橋少年が呆然としていると、笑い声が止まっていて
踊り場にはだれも居なくなっていた。
みんなを探すと、団地にある公園でドッチボールをしている。笑っていた2人も混ぜて仲良く
完全に意気投合している様子だ。

高橋少年が怒鳴り声になりながら言う。
「なんなんだよ!おまえら!いったいなんだっつーんだよ!なんでそいつらなんかと遊んでんだよ!!」
場が静まり返る。
鈴木君が言う「なんとなく」

高橋少年は猛ダッシュで自分のマンションに戻りドアを開けるなり母親に
「お母さん!!包丁貸して!!あいつら殺さなきゃいけないんだ!!!!!」

それから何日かの間も友達たちはそいつらと遊んでいた。高橋少年はそのあいだ1人で行動していたが
ある日突然その2人が姿を見せなくなった。
高橋少年も「何故笑ってたのか」と友達に聞き質したかったが
なんだか、聞いちゃいけないような気がしてそれ以降忘れようとしました。

出典:http://toro.2ch.sc/occult/

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★