【不思議】別の空間から帰宅

530 本当にあった怖い名無し 2012/01/18(水) 16:49:17.58 ID:T8ZoWHHU0

小学校一年生の時の体験を書きます。

私の家は学校から1.5キロほど離れていました。
横浜に住んでいまして家の近所に別の学校があったのですが
決められていた区分の境目に家がありその学校より遠くにある学校に通っていました。
1.5キロは小学校低学年にとってはなかなか遠かった記憶があります。

不思議な事が起きたのは夏休みに入る最後の登校日の事です。
もともと上記にあるよう家が遠くて帰るのが大変だったのですが
更に休み前はお道具箱を持って帰宅しなくてはなりませんでした。
なので文具が入ったお道具箱を持ちながらですとかなり負担になりました。

まず不思議だったのが誰とも帰らなかったことです。
そこまで不思議に思われないかも知れませんが低学年では近所の子たちと帰るように言われていました。
朧気な記憶ですがいつも一緒だった子たちが学校の裏にあるヘチマの水を上げるとかの理由で行ってしまい
私はついて行かずに門のあたりで待っていました。
いくら待っても友人は来ませんし夏休みに入って早く帰りたかったので私は一人で帰ることにしました。

次に不思議だったのが車はおろか誰とも人に会わなかったのです。
基本的に安全のために人通りが多い道が登下校のルートになっていましたので
この日以外に誰にも会わないことはありませんでした。

強い日差しの中お道具箱の入った手提げを持って帰るのが本当につらく
お道具箱を道に置いてバス停のベンチで休憩したのです。
すると少し目を話した隙にお道具箱が消えて無くなったのです。
私はラッキーと思ったくらいであまり不思議に思わず軽い足取りで家に帰りました。

家に着くと泣いている親に叱られました。親の泣いている姿をはじめてみて動揺しました。
そして消えたはずのお道具箱がリビングに置いてあったのです。

聞くところによるとあまりに帰りが遅い私に心配し学校に電話したがもう帰ったことを聞かされて
またいつも一緒に帰っている友達の親に電話をしたらその子たちはもう帰宅していたと言われ私を探したそうです。
そして学校の途中のバス停で私の手提げのみを見つけ家に持ち帰ったとのこと。
もちろん私は帰宅途中親には会いませんでした。

警察に捜索を依頼し少し経った頃に私が平然と帰宅したようです。
時計を見ると学校が12時頃に終わったにも関わらず16時になっていました。
感覚的に4時間も帰宅にかかったとは思えませんでしたし
待っても来ない友達、誰にも人に会わなかった事、手提げの件を考えても
もしかしたら別の空間にいたように感じます。

以上が不思議な体験です。

出典:http://toro.2ch.sc/occult/

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★