【心霊】吹き抜けから見下ろす女/HN:ムスママ

霊感らしい霊感はないけど、夢ではわりといろいろ見るムスママです。

これは以前住んでいた家の話です。今考えれば、入居する以前から合わない家でした。
転勤が決まる前から転勤の予感がしていた私たちはちょくちょく家探しをしていました。県外への転勤はいつだって家探しが難儀です。苦笑

事前にインターネットで探しておいた家を下見に来て見て一目で気に入りました。広々とした家で一階のリビングダイニングは大満足の広さでした。
ただ、この時は異変には気がつきませんでした。
異変に気がついたのは二回目の訪問時でした。誰かが見ていると感じました。でもはっきりとはわからず、なんだかわかりませんでした。

契約し、引越しまで目前に迫った三日前、突然不動産屋から連絡が入りました。修繕に入っていた業者がボヤを出して家の一部が燃え、修繕に数ヶ月かかるというのです。
私たちには仮の家を用意しつくれるとのことでした。
仮の家で住み始め、燃えた入居予定にいってみると見事に玄関から吹き抜け、廊下が焼けていました。家中靴跡だらけでススだらけでした。

その時女性のイメージが流れ込んできました。
吹き抜けから体を半分乗り出してこちらを見下ろす女性が。じっとこちらを見つめてくるような…。
家のお炊き上げにあったみたい…そう感じました。

そう感じたのには訳があります。あとでこの家の写真を見たのですが、空き家の時に撮られた写真に無数のオーブが写っていたんです。(これはネットにアップされていなかった写真)
ほこりかもと思われるかもしれませんが、全部の写真ではなく、一部の写真だけなんです。
そして、住み始めてから二階で寝ていた時に屋根裏をミシミシと歩く音がしたのです。

さすがにあーもーこれは面倒くさい家を選んでしまったなという思いでした。
そこからは娘の頭につけてあった灯りが落ちてきたり、娘が何かを怖がったりと小さなことでしたがいろいろありました。
そして最終的には家に追い出された形になりました。家が家主の都合で売りに出されることになったんです。

同じ市内に引越してからあの家の側を通る機会がありましたが、どうやら女性は玄関横の植え込みまで移動したようです。
あの家にどんな理由があって憑いていたのか、今となってはもうわかりません。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★