【不思議】オカルト麻雀/HN:ラグト

今回は麻雀のお話です。

実は職場の先輩の黒川さんは麻雀が大好きでした。

とはいっても、フリー雀荘に通ったりするわけではなく、年に何回か仲間内で遊んだり、取引先との接待で打ったりする程度でした。

しかし、麻雀漫画はかなり愛読しており、本人曰く熱い勝負が漫画を読むことで体験できると言っていました。

そして、黒川さんの麻雀は結果として勝っていることが多いのですが、強いのかどうかというとよく分からないというのが感想でした。

一応、好きなだけあって基本のところは問題ないのですが、打ち方に関して直感や流れといったものに大いに頼っていました。

そのため、なぜ勝ったのか私レベルでは理解できないことが多々ありました。

また、本人もそれはなんとなくは感じているようで、ネット麻雀ではゲーム中の雰囲気が読み取れず勝率が落ちるそうです。

ネット麻雀だと対戦相手との心のやり取りができづらいと言っていました。

麻雀中の心のやり取りとは麻雀漫画の受け売りらしいのですが、本人はいたく気に入っているフレーズのようです。

先生の仕事」の事件の後、約束していた絵梨花さんとの食事に行くことになったのですが、その前に何かして遊ぼうということになり、事務所の上の住居部分で麻雀をすることになりました。

メンバーは私と黒川さん、それに絵梨花さんとその旦那でした。

黒川さんは私的な遊びの場なのでいつものスーツ姿とは違い、白と黒の縞々のTシャツと灰色のパーカー、ジーンズと超ルーズな格好で来ました。

ゆるい私服の黒川さんもいいなあと思いつつ、漫然と打っていたのですが

「あ、それ当たりね、ロン、リーチ、役役、赤赤、ドラ・・・失礼、裏裏も乗って一本場で16300」

「うわっ、なんですかその役」

私は黒川さんに大きな手を直撃されました。

「おまけになんでその手でカンチャン待ちリーチなんですか」

「・・・なんとなく、リーチかけても出そうだったから、それにさっきの局で親のリーチに突っ張ってそのまま打って当たっても3000点しかなかったから流れはあると思ったし」

言っていることが少しも理解できません。

「黒川さんも麻雀に関しては天然なのかな」

絵梨花さんの旦那が苦笑しながら、呟きました。

「うちの絵梨花も天然過ぎるところがあって困ってるんですよ」

「どういうことよ、私は別に天然じゃないわよ」

絵梨花さんが少しむくれました。

「たとえばどんなことがあったんですか?」

私は確かにそういうところがあるかもと思い、聞いてみました。

「今、絵梨花が出産前だからうちの実家で両親と一緒に住んでるんだけど、この前うちの親父が交通事故で左腕を怪我した事があっただろ」

この前の呪いの生霊事件のときに受けた怪我でした。

「それで左腕が不自由して危ないから、風呂のときはお袋が背中を流したりしてたんだけど、この前おふくろが用事で家を留守にしてるときがあって、そのときは絵梨花が背中流しますよって言ったんだよ」

そこまでは普通の優しいお嫁さんの話にしか聞こえません。

「でも、絵梨花が風呂場に行った後、親父のうわーって叫び声が聞こえてきて、びっくりして行ってみたら、背中を洗うだけなのになぜか全裸で風呂場に入ってるんだよ」

それは親父さんビックリしただろうなあと思いました。

「だ、だってお義母さんは裸で入ってたし」

「いや、そりゃ夫婦だから当たり前だろ」

「それに服が濡れてもいけないと思ったし、背中を流した後、一緒に入ったら光熱費の節約になるし」

確かに天然かもしれませんでした。

「おいおい一緒に入るってどういうことだよ」

「そ、そのくらいいいじゃない、減るもんじゃないし、義理とはいえ親子なんだから」

「お前の裸を他の男に見せたくないんだよ」

なんだか、いい台詞のようにも聞こえますが、そう言う彼は私の高校時代の先輩で絵梨花さんと結婚するまでは女遊びが激しかったので、ちょっと複雑な感じでした。

それにしても結婚前とはいえ一度は別れた絵梨花さんにここまで入れ込むようになるとは変わるものだなあと思っていると、そんな必死の旦那を見て絵梨花さんがくすっと薄く笑ったのです。

その表情を見て、私はまさか旦那を操縦するためにわざとやったんっじゃないよなと多少の疑念を持ってしまいました。

さて麻雀の方はというと、黒川さんが大物手を上がったのでこのまま彼女の好調が続くと思っていたのですが、なんだかうまくいっていないようでした。

後から聞いた話ですが、勝ちすぎているとどうしても心情的に手加減したくなるような気分になるそうです。

そして、そういう打ち方をすると、流れを手放してしまうと本人は言っていました。

そのときも最初はよかったのですが、途中からどんどん振り込むようになってしまい、遂にはラスを引くようになってしまいました。

そして、夕食に出る前の最後の半チャンの時、全局もラスだったのですが、なんだか黒川さんが手牌を見ながらそわそわしているように見えました。

聴牌が近いのかなと思いながら進めていると絵梨花さんが黒川さんからロン上がりしました。

「あ~、もう役満聴牌してたのに」

悔しがりながら、黒川さんが手牌を倒して見せました。

確かに国士無双で聴牌していました。

「うわっ、あぶない、惜しかったですね」

私は惜しくも上がりを逃した黒川さんに慰めの言葉をかけながら、次の局に進みました。

すると、この局もまた黒川さんがそわそわしているような気がします。

なんだろう、まさかまた役満聴牌じゃないよねと思いながら打っていると今度は絵梨花さんの旦那が黒川さんからロン上がりしました。

「あ~、もう、なんなのよ」

イラついたように声を荒げるので、どうしたんだろうと感じたのですが、また黒川さんが手牌を倒して見せてくれました。

まさかと思いましたが、また国士無双を聴牌していました。

「ええっ、また国士聴牌ですか」

「そうなのよ、もう悔しい」

「あ、なんか麻雀漫画で見たことありますよ、わざと流れを悪くして手配がバラバラの役満の国士を狙うってやつ」

絵梨花さんが思い出したように声をあげます。

そういえば、自分もそういう漫画を見た覚えがありました。

そうこうするうちにオーラスになりました。

珍しいこともあるものだと思い進めていたのですが、そのうちに黒川さんが私の当たり牌を出しました。

彼女は今まで負けていたのでもし僅差だったら遠慮しようかと思っていたのですが、今回も彼女はラスだったので、遠慮なくロン上がりしました。

すると、彼女はちょっと泣きそうな顔になり

「もう、最悪だわ」

と言ってまたまた手牌を倒して見せました。

よもやと思い手牌を見ると、三度目の国士聴牌でした。

いや、ここまでくるとちょっと怖いですよ。

霊とかそんな話ではありませんが、さすがに悪い流れっていうのはあるのかなと思いました。

その後、四人で夕食を食べに出て、負けた黒川さんの希望を聞いて中華料理屋に行きました。

そして、食事中に先ほどの麻雀を思い出しながら、黒川さんが呟きました。

「まあ、流れが悪いんだから、そりゃ国士聴牌しても上がるところまではいけないわよね。役満上がったら、流れがいいってことなんだし」

大好きな麻婆豆腐をぱくつきながら黒川さんは一人で納得していました。

 
  • ラグト

    さまざまなコメントを頂きありがとうございます。
    またお話しを投稿できるようになり、本当に嬉しいです。

     
  • 匿名

    ぬるりときたぜ……!

     
  • 匿名

    師匠シリーズの師匠は昔、天和上がりまくってたということをうにが先輩か誰かから聞く話があったな。
    俺はPCの麻雀でなら天和あるけど、実際に打っては一度もないな。

     
  • 匿名

    牌の音、だっけ?桜井章一昔よく読んでたなあ。ラグトさんが読んでるかどうか知らないけど内容が少し似てるね。
    何の世界でも天才っているんだよな。

     
  • 匿名

    連投すみません
    たかが麻雀ですが、極めると宇宙の真理へと繋がるそうです。
    先輩 次のステージ見えちゃったかも….

     
  • 匿名

    霊感強いと一九字牌が集まるらしいっす
    先輩たぶん 見逃してるかも…
    その他の大御所投稿者もマージャンやったら
    牌パイすごいと思う

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★