【奇妙】小噺2点

『口笛』

母が地域の清掃に参加した時の話。

草刈り中心の田舎の清掃で、参加していたのは機械を持っている男の人ばかり。女性は男勝りな母1人だけが参加していた。

機械で刈られた草を片付けていた母は、川沿いに1人取り残される形で、黙々と作業していた。

しばらくすると、川の音に混じってヒューヒューと不思議な音が聞こえてきた。母は、誰かが犬を呼んでいるのだろうと辺りを見回したが、母以外に生きてる者の姿は見当たらなかった。

気のせいかと思い、作業を始めるとまた口笛が聞こえてくる。もちろん、辺りには人も犬もいない。姿は見えないのに、口笛だけは鳴り響き、その音はだんだんと近づいてくるような感じがした。

気味が悪くなった母は、作業を途中で辞め、他の人たちとすぐに合流した。

あれが何だったのか分からないが、本当に気色悪かったと、帰ってきた母は何度も話していた。

 
『帰り道』

友達と遊んで、帰りが真夜中になったある日のこと。

車を1人で運転していると、対向車のライトが見えてきた。家まではあと少し。のんびりとした運転のその車が少し気になり、すれ違う瞬間、チラッと見てしまった。

その瞬間、対向車の人達が全員こっちを見ていた。夜の田舎道。当然辺りは暗い。ルームライトもついてないのに、女性が三人こっちをニヤニヤと見てるのが分かった。その顔には、全然見覚えがない。

ものすごい寒気が体中を駆けめぐり、次の瞬間、アクセルを思いきり踏んでいた。バックミラーで確認すると、例の車がブレーキをかけ、方向転換している所だった。

慌てて自宅へと向かい、何故か自宅がバレたらいけないような気がして、駐車場に入れる時にライトを消し、サッと車を止めた。その間も悪寒は走りっぱなしで、冷たい汗も出てきた。

車を停めてすぐに鍵を閉めて潜んでいると、あの車がゆっくりと目の前を通っていった。何故だか、こちらを探しているような気がしたので、息を止めて様子を見ていた。

車が坂道を登りきり、テールランプが見えなくなると、急いで家に駆け込んだ。安心して一息つくと、その車かは分からないが、1台の車が下っていく音がした。

私の中に、安心感と何とも言えない気持ちだけが残った。あれが何だったのか未だに謎だが、捕まってはいけないものだったと、今でも強く思っている。

 
  • 匿名

    なんか、まるまる碓氷のやり口なのな

     
  • 匿名

    興味をもった
    重要なのは怪異現象の内容だ
    怪異に包まれた当事者は、その前後の記憶が不鮮明になる
    コメントする側はそんなことも知らないのかな?
    投稿者(当事者)は気にしなくていいと思う

    車中が暗いはずなのに、中に女が3人見えて全員こちらを見ていた
    ここだけで、ぶるぶるした….

     
    • 匿名

      怪異に包まれた当事者は、その前後の記憶 が不鮮明になる
      コメントする側はそんなことも知らないの かな? 投稿者(当事者)は気にしなくていい
      ↑どこから、いつ、そういう法則出てきたんだよ!?wwww
      なんか気の毒な方が現れたなぁ

       
      • 匿名

        まだわかんないかな?
        少し零かんがあるから、引き寄せられてこの時間を使ってることを。
        法則? なにそれ?奇妙風に言うなら
        怪異の中心場面は時が止まったように鮮明に見えること
        何年たっても忘れられないことかな…
        ほかにも書き込んでるなら追跡して説明するよん
        かもーん

         
        • 匿名

          まず、零かんは霊感か?それの有る無しはどう証明できるんだ?

          零かんがあるから引き寄せられてこの時間を使ってること←さっぱり分からん。

          怪異の中心場面は時が止まったように 鮮明に見えること 何年たっても忘れられないことかな…←それは、あんただけに適用されることなのか?

          俺様設定とかなら、わざわざ説明いらんから、返事しなくて良いぞ。

           
          • 匿名

            返事なくていいって作者でもないのに大ジョブ?
            即レスするほど暇ではないから安心しろ!
            これだけは覚えとくといい
            霊感(霊魂)がないと食う寝る排泄だけの人生になる
            作者さん 失礼致しました。

             
          • 霊感(霊魂)!?また、新しいとんでも説がキタ

             
  • 匿名

    ただで面白い話が読めるなら嬉しいし、読む前から面白いと分かば文句もでないな。
    こうしてハズレを読んだ時はガッカリするやらまた時間を無駄に使ってしまった自分にうんざりするよ。

     
    • 匿名

      読む前から面白いと分かれば

      ↑どうやって読む前から面白いかどうか分かるんだよ

      わざわざコメントする時間こそ無駄だろ

      お疲れ様

       
      • 匿名

        それが分からないから、つまらないものまで読まなければならないと言ってると思うが

         
  • 匿名

    あっ、ちなみに批判をやめろといったのは投稿者様ではないてすよ。
    だって私は投稿者ではないから…

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★