背中


背中

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2006/04/21(金) 05:31:04.22 ID:4jHSOpMO0


残業で帰りが遅くなってしまった。

帰り道に学校の横を通るんだが、いつもの時間だと野球部が照明つけて練習を頑張ってるが、今日はさすがにもういない。


夜の学校てのは怖いもんだ。

怖いからこそ意識しすぎないようになんとなく見ていた。


すると、中に誰かいることに気づいた。

守衛さんの見回りかな? とも思ったが、どうも違う。懐中電灯をつけてないし、足取りがふらふらしている。


髪が長い…女?


窓と窓の間の壁に入って見えなくなってしまった。


いくら待っても出てこない。

「ま、いっか」とわざわざ声に出して歩き出した。


もう一度振り返ってみる。

やはり出てきていない…が、角度が変わったので見えてきた。


さっきから女はほんの少しだけ顔を出して、ずっとこっちを見ていたらしい。


目が合ってしまった。

とたんに俺は弾かれたように走り出した。


「何を焦ってるんだ、落ち着けよ俺」と思う冷静な気持ちもあったが、足は止まることはなかった。


人通りの多いところに出てやっと立ち止まり、息を荒くしていると、知り合いが通りかかって言った。


「なんか背中汚れてるけど」


手形がついていて、指は六本だった。

http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1145563696/l50


 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★