はじめてのかていか


はじめてのかていか


7がつ5にち


きょう、はじめてかていかをならった。


ケンちゃんは「かていかはおんなのかもく!」といってせんせいにおこられた。

せんせいは「いまはだんしもさいほうやおりょうりができないといけないじだい」といった。


はじめてのじゅぎょうはおりょうりだった。

1ぱんはごはんをたいた。2はんはおみそしるをつくった。3ぱんはカレーをつくった。ぼくは3ぱんです。


じゃがいもやにんじんをほうちょうできるときはドキドキした。

「てをきらないようにゆっくりね」とせんせいがいった。


じゃがいもやにんじんやたまねぎやおにくをゴトゴトにた。カレーのルーをいれた。しばらくしたらカレーができた。

やさいやおにくをきるときはきんちょうしたけど、そのあとはかんたんだった。


がっこうのかえりにびょういんにいった。ママにカレーをつくったといったら、にっこりわらった。

ママがいえにいなくてさびしいといったら、もうすぐいえにかえれるといった。うれしかった。


「そのときはいもうともいっしょよ」といった。


いもうとは、ともよというなまえだ。

ママはともよをうんだので、びょういんにいる。


「ともよもカレーをたべるかな」ときいた。「もうちょっとおおきくなったらたべる」とママはいった。

おおきくなったら、ともよにいっぱいカレーをつくってあげようとおもった。


7がつ8にち


ママとともよがいえにかえってきた。パパはにこにこしている。

ぼくはママとパパにカレーをつくってあげようとおもってそういった。


「いいから、おとなしくしていなさい」


パパがそういって、なにもさせてくれなかった。

ママにあそんでもらおうとおもった。でも、ママはずっとともよとあそんでいる。


7がつ10にち


きょういえに、しんすけおじさんとかおりおばさんとおじいちゃんとおばあちゃんがきた。

おしょうがつみたいでうれしかった。


しんすけおじさんとあそんでもらおうとおもった。だけどあそんでくれなかった。

かおりおばさんにほんをよんでもらおうとおもった。だけどよんでもらえなかった。

おじいちゃんとおばあちゃんもあそんでくれなかった。みんなともよとあそんでいる。


「おへやにかえっておとなしくあそんでいなさい」


みんなにそういわれた。


7がつ12にち


こんどのにちようびに、またおじさんやおばさんやおじいちゃんやおばあちゃんがくる。

みんなともよとあそびにくる。ぼくとあそんでくれない。


「たべちゃいたいくらいかわいいって」


ママはともよをだっこしていった。パパも「そのとおりだよ」といった。

「よかったねともよ」とママはいった。


7がつ18にち


はやおきしてカレーをつくった。

やさいはじょうずにきれた。おにくはむずかしかった。やわらかくてプニャプニャしてて、ちがいっぱいでた。


「ともよー! ともよー!」


ママがともよをさがしてる。もうすぐみんながくる。カレーがぐつぐつにえている。


「ともよー! ともよー!」


たべちゃいたいぐらいかわいいともよ。

http://toro.2ch.net/occult/


 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★