手をつないで


手をつないで


私が小学生の時の話です。

私の母の実家は、私達家族が住んでいる県の田舎にありました。


毎年お盆にはその母の実家に里帰りするのが、私はとても楽しみでした。

当時、近所の子供たちの間でカブトムシやクワガタムシなどが流行っており、里帰りの際に捕まえて帰って、地元で皆に見せたりあげたりするのが自慢でした。


私が五年生の時です。実家に着いた次の日、親戚のYちゃんが遊びに来ました。

早速その日の夜、私と二年生の弟、Yちゃんの三人で虫捕りに行きました。


虫は明るいところに飛んできます。なので電灯や水銀灯の近くを探して回るのです。

ひとしきり近所を探して、三人で手をつないで帰りました。


そこで弟が眠いと家に入って行き、私はYちゃんともう少し探そうと、二人である場所に行くことにしました。

そこは近くの坂道を登ったところにあるのですが、建物と駐車場があり、明るい水銀灯があります。


その当時私は知らなかったのですが、その建物は火葬場でした。


周りが木で囲まれており、そこに明るい水銀灯があるのでYちゃんがいっぱい捕れると知っていたようでした。

その坂道は真っ暗で怖かったので、懐中電灯を持ったYちゃんと手をつないで歩いていました。


「!!!!?」


違和感がありました。

右手はYちゃんとつないでいる。左手は…


弟は家に帰っている。でも確かに握られている?


私は叫びながらそれをふりほどいて走りました。

Yちゃんも私にびっくりして一緒に走りました。

そして家について必死に手を洗いました。


何と手をつないでいたのかわかりませんが…

これが私の唯一の体験です。


今でも握手など人と手を握るのが苦手です。

http://toro.2ch.net/occult/


 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★