オフィス


オフィス


以前勤めてた会社のある営業所、「夜は出る」という評判だった。


オレはその営業所所属ではなかったのだが、ある時ヘルプに行ってくれと言われた。

しかも夜勤で…すごくイヤだったのだが、2名体制だっていうから渋々引き受けた。

ところが相棒となるべきヤツがばっくれた…。


いくら忙しい会社でも終電時間を過ぎると社内はシーンとなる。

オレは事務所で鳴りもしない電話番…。


一応夜勤中に入力しなければならない伝票類があるのだが、時間に対して量が少ない。

オレはそれをササッと片付けて、あとは食堂からマンガを持ってきて時間を潰していた…。


すると、機械警備中の一階から音がする…。

何の音かと耳を澄ますと、何かを引きずるような音…そして、それは階段の方からこっちへ近づいてくる…。


もう心臓はバクバクだが、どうしていいのか分からない。

どれくらい時間が経ったのかはっきり覚えていないが、いつのまにか音が消えていた…。


いや、正確にはその音の主はもう到着していたのだろう…。

そして、急に耳元で


「グゥーワッ!」


と声とも音ともとれないモノと生暖かい吐息をかけられて、オレはイスから転げ落ちた。


もう後ろを振り返る勇気もなく、夢中で会社を飛び出してそのままタクシーで家に帰ったよ。

翌日、上司には怒られるどころか「大丈夫だったか」と真顔で言われたよ…。


あれ以来、仕事は変わってもオフィスでは最後の一人にならないようにしている…。

みなさんの会社は、大丈夫?

http://toro.2ch.net/occult/


 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★