こっちへ来いよ


こっちへ来いよ


高校時代に付き合っていた元彼氏と、ふとしたきっかけで再会した。


私は地元大阪に住んでいて、元彼は京都で学生生活を送っていた。

再会して以来、メル友として仲良くしてたけど、少しずつ元彼の事をまた好きになってきた。


しかし元彼には彼女がいたので、気持ちが一方通行になるのが嫌でその感情は必死で抑えた。

ある日、珍しくメールではなく電話で連絡が来たので、どうしたのかと思うと、結婚寸前だった彼女と別れたとのこと。


「なあ、逢わないか?」


元彼の言葉に正直、胸が高鳴ったけど(私は単にその子の代わりな訳?)と必死で気持ちを抑えた。


「ダメよ、今逢うと、あんたのことがまた好きになるやんっ」


「こっちへ来いよ」


「ううん、ダメ、ごめんね」


私はそう言って電話を切ると、翌日には携帯電話の番号とメルアドを変えて、二度と連絡が取れないようにした。


これで良かったハズだと自分に言い聞かせて過ごしていると、京都にいる女友達から連絡が入った。


「あのね、先日、あんたの元彼の葬儀に出たの。一応あんたにもあいつが死んだ事は知らせておくわ」


話を聞きながら私は青ざめた。


友人の話が全て事実なら、この前電話がかかってきた時、既に元彼は首を吊っていた事になる。


「こっちへ来いよ」


って、京都じゃなくて「あの世」だった!?

http://toro.2ch.net/occult/


 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★