私が高校2年の夏の話である。


文化祭の準備に追われ、学校を出たのは夜の11時を過ぎていた。

私はいつものように方向が同じS子と2人で自転車で家路を急いでいた。


しかし、いつも通る帰り道を何故かその日は通らずに、いつしか2人は小学校の脇を走っていた。


「あれ? 何でこっちに来ちゃったんだろう?」


「S子がこっちに来たから俺はついて来たんだぜ」


S子は怪訝そうに首をかしげ、自転車を止めた。


「ごめん。ぼーっとしてて道を間違えたみたい」


彼女はそう言い、慌てて今来た方向に自転車を切り回そうとした。


と、その時。


「あっ、花。きれいね」


「花? 何処に?」


彼女は小学校の校舎の階段にある、明り取りの大窓を指さした。

窓の手前、暗闇の中に白い花が綺麗に咲き乱れている。


が、何か様子が変だ。


風も無いのに花びらはそよそよとなびいている。

加えて花の咲いている木がどう探してもわからない。


つまり、ここからだと花びらだけが窓ガラスに張り付いているように見えるのだ。


「あ、あれ……」


彼女は突然、小さな声を上げ顔を引きつらせた。


私が状況を理解するのにそう時間はかからなかった。


「花」に見えたそれは、無数の「手首」が窓に張り付きモゾモゾと蠢いてる姿だった。



http://toro.2ch.net/occult/


 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★