わすれもの


わすれもの


あるところに忘れ物ばかりをしている男の子がいた。

そこで男の子のお母さんは、男の子が忘れ物をしないように忘れ物帳を作ってあげた。


ところがある日のこと、男の子は無理に踏み切りを渡ろうとして電車に轢かれて死んでしまう。

男の子の身体は衝突の衝撃でバラバラになったが、なぜか頭だけはどんなに探しても見つからなかった。


それからしばらくたったある日のこと、お母さんが男の子のランドセルを開けると中から忘れ物帳が出てきた。

悲しみにくれながら忘れ物帳をめくってみると、ちょうど男の子が事故にあった日の欄にこう書かれていた。




「わすれもの、ぼくのあたま」



http://toro.2ch.net/occult/


 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★