恐怖の看護婦


恐怖の看護婦


ある病院に入院中のAさんが、夜中にトイレに起きたときのことです。


トイレから出て自分の病室へ戻ろうと廊下を歩いていると、廊下のずっと先からガラガラと物凄い音が近付いてきます。

なんだろうと目を凝らして見ると、薬の入った瓶やピンセットを乗せた大きなワゴンを、看護婦が押しながら走ってくるところでした。


ところがその様子が普通ではないのです。

静まりかえった病院内を、明かりもつけずに不自然に騒音を立てながらものすごい形相でこちらに近付いてきます。

その看護婦を見ているうちに、Aさんはとてつもない恐怖に襲われました。


あれは生きている人間じゃないぞ。とにかくやりすごせればいいと思い、引き返して今出てきたばかりのトイレに駆け込みました。

それでも不安だったので、入口から4番目の一番奥の個室にこもって鍵をかけ、看護婦が通り過ぎるのを待つことにしたのです。


遠くに聞こえていたガラガラというワゴンの音が、いよいよ大きくなってトイレの前に差し掛かりました。

が、ワゴンはそのまま通り過ぎずに、こともあろうかトイレの前でピタリと止まったのです。

Aさんは息をころしてワゴンが行き過ぎるのを待ちましたが、次の瞬間、Aさんの漠然とした恐怖は本物になりました。


看護婦がトイレの入口のドアを開けて入って来たのです。

コツ、コツ。

看護婦の靴音だけがトイレの中に大きく響きます。

ギイィィ。

入口から一番最初の個室のドアが開け放たれました。

コツ、コツ。

2番目のドアが開けられます。

3番目のドアも、次は……。


とうとう最後の4番目のドアに看護婦の手がかかりました。

Aさんの恐怖は絶頂に達しています。

鍵がかかっていることを知ると、看護婦は狂ったようにドアノブをがちゃがちゃ鳴らし始めました。

鍵を壊して戸を開けるほどの勢いに、Aさんは目をつぶったまま歯を食いしばってドアノブをしっかり握って抵抗しました。


どれくらいそんな時間が続いたでしょうか。ふとドアの外が静かになりました。


「ああ、俺は勝ったんだ」


大きな安堵感が込み上げてきました。

緊張の糸が切れたせいか、Aさんはそのまま気を失うように眠りこんでしまいました。


次の日の早朝、うっすらと朝日が差し込んで明るくなってきたトイレの個室で、Aさんは目を覚ましました。


「ああ、ゆうべは大変な目に遭ったんだった」


昨夜の出来事を夢のように思い出しながらドアを開けようとしましたが、おかしなことにドアはびくとも動きません。

鍵も外したし何かが引っかかっているのかな、と上を見上げたAさんは再度気を失いました。


Aさんが目にしたものは、個室の上のすきまに指をかけて目だけで中を覗き込んでいる、ゆうべの看護婦の姿でした。


看護婦は諦めて行ってしまったのではなく、鍵を開けることができないと分かってから一晩中Aさんを見張っていたのでした。

Aさんはその後、すっかり昼になってから同じ階の患者さんに助けられました。

http://toro.2ch.net/occult/

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★