呪いの神木


呪いの神木

502 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 14:17 ID:tP7i90K1


石狩川の支流、夕張川。

この中流に位置する栗山の町には、かつて呪いの神木がありました。


国道沿いの坂道に聳える樹齢300年ほどの春楡の大木。

この木は交通の妨げになる位置にありながら伐られない。

この木には伐ったら祟る呪いの樹であったのです。


明治の頃、この近くにあったタコ部屋で酷使された挙句、のたれ死にした労働者の遺体を根元に埋めたためとも、そのタコ部屋の炊事婦が輪姦され、それを苦にしてこの樹で首を吊ったからとも言われています。


大正時代に道路拡張のためこの樹を伐ろうと鋸を入れたところが、女がすすり泣くように樹が呻き、鋸が折れてしまった。

斧で伐りつけると柄が折れ、樵の腰に刺さって惨死。

ロープをかけて引き倒そうとすれば、ロープが切れて馬が死ぬ。

結局樹を伐ることは無理ということで、そのままで放置されていたのです。


昭和29年の台風で樹は上半分を折られましたが、それでも怪異な姿を道路際に晒しておりました。

しかし昭和40年代にまたしても道路拡張計画が浮上、泣く樹の伐採問題で町は大揺れに揺れました。


その時ある不良作業員が、歪んだ正義感か単なる功名心か分かりませんが、酔った勢いでチェンソーを持ち出し泣く樹に伐りつけたのであります。

呪いの神木も文明の利器には敵わず、数分で切倒されました。

その後、当然ながら作業員の家庭には不幸が続いて一家離散、完成した道路は交通事故が多発。

女性の幽霊を見た、との噂も絶えません。


たまりかねた町では慰霊碑を立て、そばにあった楡の若木を「二代目」として植え、供養したところがようやく事故は減ったとのことです。

http://toro.2ch.net/occult/

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★