新しくないトイレ


新しくないトイレ


Eさんが新潟の某大手メーカーの工場に営業に行った時のことです。


Eさんは楽屋にあてがわれた応接室からトイレに行こうとしました。

応接室を出ると、廊下に係りの人が待機していました。


「どうしましたか?」


「ちょっとトイレに行きたいんですけど」


「それではご案内します」


「え? トイレあそこでしょ? あそこにWCって書いてあるじゃない」


「いえ、向こうに新しいトイレがありますので」


「いいですよあそこで。小便だし」


「それでは一緒について行きます」


Eさんは一人でトイレに入った瞬間、嫌な感じを覚えました。

うっすらホコリが積もり、普段使われている様子はありません。


4つある便器の一番手前で用を足していて、ふと見ると一番奥の便器で小便をしている男がいました。

足音も何もしなかったのにと不審に思いながら手を洗い、鏡を見ると誰もいません。


「えっ?」


と思って振り返ると男がまだ用を足しています。

また鏡を見てみると、今度は男がはっきり映っています。


「何かいる!」


気持ち悪くなったEさんは外に飛び出して、待っていた係員に訊ねました。


「今誰か入りましたか?」


「いえ誰も入ってませんが」


「おかしいな。ちょっと中見てみてよ」


「誰もいませんよ」


「いや、絶対いたから。鏡見てよ、映るかもしれないから」


「Eさん、このトイレに鏡はありませんよ……」

http://toro.2ch.net/occult/

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★