【不思議】霊を挑発/HN:ニノライヤ

私が小学生のときに体験した話です。

小学生のときは両親と同じ布団で寝ていたのですが、その日は中々寝付けないでいました。

普段はオバケが苦手な私でしたが、親が隣で寝ているという安心感から頭の中で「オバケ居るなら出てこい!出てこい!出てこい!」と唱えスリルを楽しんでいました。

目は閉じ耳を澄ませていたのですが、しばらくすると二階からギシギシ…ギシギシと床が鳴る音、ジリリ…ジリリ…とゼンマイを巻くような音?さらには、誰かが階段を降りてくる音(二、三段だけ降りたようなトットットッという音)が聞こえ始め。

さすがに怖くなり震えながら頭の中で「ごめんならい。ごめんなさい」と唱えました。すると今まで聞こえていた音は全て聞こえなくなりました。

それ以来、私は霊の存在を信じ馬鹿にするようなこともしていません。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★