【怪文書】決着/HN:ロビンM

「いてて、ミシシッピワニに噛まれた傷が疼くわ!」
突然、こう発した徳井の一言で周りの空気はガラリと一変した。

みると徳井は顔を通常の二倍程に膨らましたまま胡座をかいて空中浮遊している。
森は万年床の煎餅布団から脱出する為、徳井の喧嘩を素直に買う事にした。

「アーモンドクッキー、アーモンドクッキー」

徳井は既に紫色の光を放ちながら高速回転を始めている。森も負けじと特保のコーラを頭からかぶり高速回転を始めた。

目の前の信号が青に変わり、約二万人のリーマン達がもわもわと恐ろしいまでの煙りを焚き上げながら歩き煙草で物凄い勢いで此方へと向かって来る。

「ケセランパサラン、ケセランパサラン、ビッグバンの端はトップガン!!!」
「歩き煙草だめ!げせぬ!!」

徳井と森は通常の六倍以上に腫れ上がった顔に空気をパンパンに溜め込み向日葵ハム状態。既にいつでも発射OKの状態にあった。

しかし意外にも先に動きを見せたのは森だった。「ボンボヤージュ、工藤静香は勝ち組だ!松本伊代は負け組だ!浪漫飛行、浪漫飛行!!」
周りの大気を揺るがす超真空状態を作り込み、超重量にまで収縮した森が一気に爆発した。そして0、8秒後には二万人のリーマンの内の半分が一瞬で消し飛んでいた。

「前世は金熊、来世は脳リミッター鯨!!年貢と書いてクソと読む!ツッタララー、ツッタララー」
森は自分の成功を祝って自ら優雅な「舞」を踊り始めた。

徳井はスタートに躓き、事務所から出てきたヤクザにボコられている。
森は徳井を鼻で笑いながらも一緒に消し飛ばした足場解体中の鳶工の冥福を、落ちていたシケモクを吸いながらただ静かに祈るのだった。 終わり

2015年04月30日(木) 20:41
ロビンM ◆7focrGmg
投稿広場より掲載

 
  • 名無し

    カオスな情景が頭に浮かぶ
    妄想ワールドにニヤリ

     
  • 猫柳青梗菜

    ケセランバサラン応答せよ!この話は本当にあった実話しです。愛にラブをかけたようなラブソングを情感豊かに歌い上げた俺の詩は詭弁が慣用句で満ちていて犬も食いません。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★