【不思議】トンボにのせて/HN:ムスママ

私の祖母宅付近には川があり毎年たくさんのトンボが飛んでいます。
夏によく飛んでいる薄だいだい色したトンボに、糸トンボ、シオカラトンボ、そして、羽も体の色も真っ黒(光によっては緑にも見える)の体は細長いトンボです。
祖母宅の庭でこれらのトンボは見られるのですが、父が木を大幅に剪定や手入れをしてしまったためか黒いトンボを数年前から見かけ辛くなっていました。

その庭の主である祖母が亡くなった年、私たちは10日ほど前から祖母宅へきていましたが、黒いトンボを見かけることはありませんでした。
祖母は私たちが母と泊まり込むのを変わった翌週亡くなりました。
葬儀を無事に終えた翌日、私は庭に出ました。すると、ずっと見かけていなかった黒いトンボがすーっと私に近づいてきました。
そして私の前を何回か行ったり来たりした後、またすーっとどこかへ飛んで行きました。

庭に黒いトンボがまた戻ってきたのかと思ったのですが、探してみてもいませんでした。
なぜかあの姿が祖母にとても切なく見えて私は母たちにそのことを話しました。
スピリチュアルなことには否定的な知り合いには気のせいだとは言われました。もちろん、トンボなんてどこでもいますし。
けれども、我が家の近くに川はないのにほんの先週、あの羽の黒いトンボが現れたんです。ほんのしばらく我が家の庭を飛んだ後行ってしまいましたが。
私にはあのトンボは祖母からの便りのように思えてしまいます。

そうそう、今年に入ってから一度だけ祖母の夢をみました。ほうきやモップを用意して家の中で掃除をしています。私は
「おばあちゃん、何してるの?」
と聞いてました。たぶん、晩年足が悪かったことが頭の隅にあったのでそう聞いたのでしょう。祖母は普通に
「掃除してるの」
とにこやかに当たり前のように返してくれました。短いやりとりでしたが、元気だよという気持ちがこめられていて私はなんだかホッとしたような気持ちになりました。

もうすぐ祖母の一周忌になります。
あの黒いトンボにまた会えるか…私は密かに楽しみにしています。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★