【SS】すまし顔/HN:すててこ

わたしはその日、自分の部屋で締め切り間近の仕事に勤しんでいた。夏の、暑いある日の出来事である。

暇だった訳ではもちろんない。ただ、何気無く天井に目をやることはあるだろう。

なにか虫が飛んでいる……。

どこかに行くつもりでない者は、結局どこにも至れない、とはよく言うが、事実としてかれはすでに私の部屋にいたっているのだった。

螺旋状の軌道を描き、くるくる回るかれは、未だどこにも至れていない者がこの部屋に住んでいることを示唆しているようだった。

住んでいる、で思い出したが、清らかに澄んでいる水には魚は住まないらしい……。すんでいるのにすまないとは日本語はとてもややこしい。

おっと、もう時間だ……。仕事がすまなくてすみません。

 
  • 匿名

    その虫は本能でそこにきたのだろ?

    あのさ、擬人法にすらなってないと思うんだよな。。

    そもそも根本的にいわかんしたない。

    ちなみに夏は暑いよ。いる?

     
    • 匿名

      違和感しかないね。
      間違い

       

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★