【不思議】お前は読むんじゃねえ/HN:知多娘

これは
昨日の夜中に私の友人の妻に
巻き込まれた話です。

友人をA、友人の妻をBさん、A、Bさんの娘さんはCとします。

先日、高校時代の友人のAが交通事故により亡くなりました。
葬式ではAの肉体の損傷が激しいためか顔はおがむことはできませんでした。
式場で流れている音楽がAの大好きだった萌え?アニメの歌だったからか泣くに泣けないもどかしさがありました。

車の運転を主とする仕事(トラック運転手ではなく普通車使用の仕事)で、かなりハードらしく朝は6時起きの夜は0時を回ってから帰宅、休みは週一くらいで忙しい時期は休みが月一あるかないかでした。

事故は深夜11時頃、対向車のトラックが荷台に巨大な鉄の棒のようなものを積んでおり、それが荷台の上で倒れすれ違い様にAの運転していた車の運転席を…
まるで野球のバットでボールを叩くような形で押し潰したとのことです。

高校時代、Aは私と違う高校でしたが
部活動である柔道を通して知り合い仲良くなり、一緒によく悪さをしていました。

Aは優しくて責任感は強いのですが、ひきこもり癖があり無口で、面と向かってはあまり話そうとはせず、逆にメールなどでは「お前、誰w」と思うほど明るく振る舞うやつでした。
そんなAが結婚したと聞いた時、正直かなり驚きました。

と、前置きはここまでにします。

昨日、Bさんから泣きながら電話があった時、Bさんから意外な事を告白されました。

Bさんは不倫をしていました。
Aが仕事で不在の間、寂しいからと
夫に悪いと思いながらもズルズルと…

私は、Bさんが罪悪感で、懺悔のために私に電話をして情けをかけてもらおうとしてるんだと感じ、気持ち悪い女だと思いました。
Aが一生懸命働いてる時に…!と正直怒りが湧きました。

電話を切ろうとするとBさんが言いました。

「待って!さっきC(娘)が寝てる時にAの声が枕元でしたって…『てがみみた?』だって…こわかった…まだ家に居るのかもあの人…私のこと許せないんだわ…お願いだから今日だけウチにきてよ…」

と、訳のわからないことを言い始めました。

私は電話をスピーカーモードで聴いており
隣で聴いていた私の嫁さんが「旦那さんが居なくなってやっぱり不安なのよBさん…一緒にそばに居てあげましょうよ」と言うものだから
しぶしぶ、Bさんのアパートへ。

Bさんに中へ案内され、部屋に入ると
もう夜の10時だというのに
幼い娘さんのCちゃんが元気に飛び出してきて
足にしがみついてきました。

と、同時に
ウチの嫁さんが驚いた顔で
「Aさん?が、……CDのボックス指差してるのが一瞬だけ見えた」

と、言い始めました。
もう私もなにがなにやら…

で、Bさんが
「怖いから私くん開けて!」
と言い、私がCDボックス内を確認すると底のほうに一枚、折りたたんだノートの切れ端みたいなものがありました。

なんだこれ、と思って開けて見ようとしたら急に両耳がキーンという音とともに痛くなりました。

「お前は読むんじゃねえ」感が満載でした。ひどい。

びっくりして紙を落とすと
そのままBさんの足元へ…

Bさんが怯えながら
それを拾いあげて読んだ瞬間
膝から床へ崩れ落ち号泣。

Cちゃんが困った顔でBさんの背中をさすりはじめたり
泣きながらBさんが色々と言いながらCちゃんを抱きしめていましたが
私は一言も聞き取れませんでした。

私が
「俺にも見せてください」
と言うと嫁が軽く私を小突き
「もう大丈夫だから帰りましょう」
と二人でBさんアパートからでました。

という
あまり怖くはない話ですが
こんなところでしょうか。

どんなことが書かれていたのか
今でも気になります。

 
  • 匿名

    河上流なんか?読みづらい文章だな。内容も、なんだかな。こんなんで巻き込まれたと言うものなのだろうか?私の友人の妻…友人の奥さんで十分通じるし

     
  • 匿名

    おもしろかった~

     
  • 匿名

    日本語が苦手な人が書いたみたいだな。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★