【怪文書】死亡予定通知/HN:せってん

「おっ、父さん明日電車に飛び込んで死亡か……」

父は、政府から届いた死亡予定通知を読みながらそう呟いた。小学生だった自分には何が何やら分からなかったが父は、翌日電車に飛び込んで亡くなった。
それから喪服の親戚が集まり、「おしい人を亡くした」と涙していた。

人の死というものが管理されていることに違和感を覚えながら成人した。

 
 
24歳を迎える5日前、そんな自分にも死亡予定通知が舞い込んできた。内容は

「ボクサーに金玉を食いちぎられ死亡」

なんだこりゃ……犬に下腹部を食いちぎられて死ぬなんて。俺は震えあがった。父みたいに能動的にこの行為をするのは、無理がある。

そして、死亡予定日。俺は予定を無視して喫茶店にいた。そんなことをするつもりは、無いしできない。変装してびくびくしながら外の様子を伺った。

1時間たった頃、ドアの鈴が慌ただしく鳴った。ぞろぞろと喪服姿の親戚が雪崩れ込んできた。

「いた!何してるの、早く予定通り死亡しなきゃ非国民よ」

それは、姉の口から発せられた。母は、俺を睨み付け、祖父は、杖をコツコツと鳴らしながら苛立ちを押さえきれないといった感じだ。

俺は、咄嗟に席をたち喫茶店の従業員出入口から逃げ出した。
「お客さん会計は!」

そのまま、追いかけてくる喪服軍団を背にありとあらゆる場所に逃げ回ったが、遂に袋小路でまだ若い従兄弟連中に追い付かれ取り押さえられた。

命乞いからのありとあらゆる罵詈雑言を親戚に浴びせたが、拘束を解かれることはなかった。
「見苦しいわよ」

姉からの冷徹な言葉。これが一緒の釜の飯を食ったものの発言なのか……。

覚悟を決めたそのとき、親戚をかき分け俺の股間を凝視する物体がいた。

 
 
 
 
 
先日、日本人初のベビー級チャンピオンになった坂本隆賢選手であった。

 
  • 匿名

    オチはどーであれ
    なんか好きです。
    深読みかもしれないが、人間の嫌らしさを垣間見る作品だと感じます。

    欲を言わせてもらいますが
    オチはどーであれ、
    どのように愛が溢れる家族なのか。もしくは
    どのように殺伐とした家族なのか。
    せめてこれだけでもあればなと感じました。

     
  • 匿名

    ボクサー犬じゃなくて赤ちゃんボクサーか

     
  • 徳島県

    非常に読みづらい、誤字がある。読む気なくす話

     
    • 輝☆真夜

      誤字ありましたか?見つけられないのですが・・・

       
      • 匿名

        これか?様子を伺った→窺った?ここまで読んだら大したものだw

         
        • 輝☆真夜

          なるほど!そこでしたか。ありがとうございますm(__)m

           

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★