【笑える霊】厳格な裸のオヤジ

363 名前:本当にあった怖い名無し:2012/05/01(火) 00:02:48.64 ID:/YRDhSJ20

まとめサイトを見てたらおそらく親戚とおぼしきものを見つけたので、自分も書いてみる。

祖父母の住んでた家は、平屋のただ広い日本家屋だったのだが、ただ広いだけじゃ無い。
たいていのお客さんは「外で見たより広く感じる」と言う。
また、中はおかしな素人増改築をくり返したせいで、軽く迷路だった。
(ドア開けたら壁とか屋根裏への階段とか、押し入れあけたら廊下とか)

一時期は祖父母のほかに、複数の親戚家族が住んでたから、
たまに遊びに行く俺らは、知らない大人が居ても気にもとめてなかった。

そのなかに俺らが『裸のオヤジ』と呼んでる人がいた。
昼間は見かけないのだが、夕方のある時刻に風呂に行く。マッパで。
そして風呂から部屋に戻る時もマッパ。タオルは手に持ってるだけ、来客も女の目も気にしない。
頭はつるっぱげで、口ひげはえてて、なんか頑固親父!って感じの人だった。

子供の頃は「怖そうな親父」と思って近付きも話し掛けもしなかったが、ある日気付いた。
裸のオヤジは別に風呂にいってるわけじゃない。裏戸から外に出ていって、しばらくしてなにくわぬ顔で戻ってくるのだと。
学校で変質者に注意とか言われてたころだったので、もしやまさかと子供心にパニックになり、でも直接アタックする勇気は無く。

婆さんにこっそり相談してみた。
そうしたら婆ちゃんはへろりと「そりゃあお父さんやなあ」と言う。
婆ちゃんのお父さん?と聞いたら、「爺ちゃんの父親じゃ。似とるやろ」と笑われる。
そういや似てるけど、でも爺婆よりずっと若いのにと言い返した俺に

「そりゃあ、なあ。お父さんは戦争で死んでしまったしなあ」
「??」
婆ちゃん曰く、裸オヤジは海軍にいて、とっても厳しい人だったらしい。
外は勿論、家中でもだらしない格好をするな!と爺婆も怒られたことがあるらしい。

「じゃ、今のあれは」
「死んで誰にも見えんから、だらしなくしてるんだろ。
気付かぬふりしといてやり。お父さんも家の中でぐらい、裸でうろつきたかったんだろうよ」

そのときに始めて、祖父母の家にいるのは「生きた親戚」だけじゃないと気付いた。
中には明らかにアレ?と思う連中もいたのだが、誰も気にしてなくて、普通に生活してたので、俺も倣ってそうしてた。
今考えるとあきらかにおかしいが。

祖父母の家はもう取り壊されてマンションになったんだが、この間前を何気なく通りかかったら女性専用マンションだった。
……ひいじいちゃんがストリーキングにならず成仏しててくれたらいいなと思っている。

出典:http://toro.2ch.sc/occult/

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★