【心温まる霊】隣に居てくれた何か

387 本当にあった怖い名無し 2005/10/18(火) 01:53:55 ID:q1aRRh8CO

今から7年前の話。

ものすごい好きな子に振られてしまい毎日放心状態。一人暮らしなもんだから話す相手も居なかったし誰かに相談するなんて考えも浮かばなかったな。
雨戸を閉めきった真っ暗な部屋で毎日泣いてばかりいたよ。

高三の冬(その時すでに付き合ってた)、親に住民票を勝手に抜かれ帰る家が無くなった。
大学推薦もそのせいで消えて学校に行くのをやめ、高校を卒業してもなお一日中黙って虚空ばかり見つめていた。

そんなろくでなしの自分をその子は家に迎えいれてくれて文句一つ言わず、自分が立ち直るまで手を差しのべ続けてくれた。
そんな子に置いて行かれてしまったわけだから落ち込み様は半端じゃなかった。

空気が淀んだ部屋で過ごしつつ、ある時期から「誰でもいいから傍に居てくれ!!」と思うように。
以前わかる人に「貴方は無意識に霊を呼ぶ。怖いから来るなと思っていても心の奥底で寂しい気持ちが霊を引き付けるから気を付けなさい」と言われた事を思いだし「それなら!」と思ったんだろう。

毎日泣き疲れて眠っていたある夜中、ふと目が覚めた。確か三時くらいだったとオモ。何かの気配をキャッチ。
‘それ’は明らかに今さっきまで隣に寝て居た。そして今まさに玄関から去った雰囲気。

うまく言えないけど、隣に彼氏彼女が寝ててなんとなく目を覚ますとトイレに行ってて「なんだ、トイレか…」みたいな。
普段ならちょっとした音でもガク(((゚Д゚)))ブルしてしまう自分が珍しく怖くない。寧ろ「あぁ、傍に居てくれたんだ…」と思った。

あんなに落ち込んでいたのにそれを境に不思議と吹っ切れた。

その子の事は今でもいいやつだったと思ってる。思い出になったからこそ、記憶は綺麗なままで在り続けるんだなと思う。勿論未練はないよ。
あの日隣に居てくれた‘何か’には今でも感謝してる。有難う。

そんな自分も今年親になった。娘が可愛くてたまらない毎日。

出典:http://toro.2ch.sc/occult/

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★