【怖い話】最も後悔した呪い

255 本当にあった怖い名無し 2006/07/01(土) 20:08:27 ID:3inVLmhR0

私が最も後悔した呪いの話を書きます。それは中学1年生の冬のことでした。

私たち家族は毎年冬になるとスキーに行きました。この年の冬も家族でスキーに行くことになりました。
私は断固として拒否しました。中1の春から飼っている犬の世話をする、それを第一の理由に挙げました。
両親は「そんなもばあちゃんがやってけるんだから」と言いました。
「ばあちゃんじゃ駄目だ!うちがやるからスキーはいかね!!」とけんかになりました。
両親はかなりかんかんでした。

当時私はまた新しい学校に転校してきたばかりでした。3回目の転校でした。そこは東北の小さな田舎町で、閉鎖的な場所でした。
地域からの疎外感が私を登校拒否にしていました。
同時進行で兄も不登校でした。私の兄は私が小学生の頃からひどいいじめを受けていて、新しい地域に来てもなじめず、ずっと家に引きこもっていました。
両親は兄に付きっ切りで、私は長い間、孤独だったんです。

私がスキーに行きたくないと言った本当の理由は、母を独占したかったからです。
いつも兄にばかり優しい目を向ける母を遠くから見ていました。
どうして私のことは見てくれないの?
いつも不満に思っていました。

少し話はそれますが、兄が雨に濡れて帰ってきたことがあります。その時母や祖母はタオルと着替えを準備して迎え入れていました。
でも私が雨に濡れて帰ってきたとき、兄と母と祖母は今でテレビを見ていました。
私の姿を見て「部屋濡れるから入ってこないで、早く着替えなさい」と一言だけ言われて終わりました。

そんなこともあり、愛情に飢えていた私は、スキーに行かないと言えば、母が家に残ってくれると思ったんです。
父と兄だけがスキーに行って、母は私のために傍にいてくれると。
しかし母は「勝手にしな、わがままで腹が立つ」と言って、父と兄と車に乗ってしまいました。

私は、憎しみと怒りで、顔が真っ赤になりました。
腸が煮えくり返るとはこういうことかと思うくらい、全身が震えました。
私は、車の出発する音が聞こえた瞬間に、ありえないくらい低い声で、こう溢しました。

「血まみれで帰ってこい」

呪うと言うよりも、罵声に近いです。
ただ、彼らがスキーに行っている間、私は「あいつら帰ってこなければいいのに」とか色々考えていました。

3日後、車が車庫に入ってくる音がして、2階の窓から覗きました。
車から母が出てきました。杖を突いていました。

「ん?????」

あわてて外に出ると、母の左足がダラーンとなっていました。スキー中に他のスキー客と激突し、左足を怪我したというのです。
これから病院に連れて行くと父が言いました。

母の足は右足の2倍以上に膨れ上がり、母は言葉も出せないほど苦しんでいました。
私は「罰が当たったのよ」とほくそえんでいました。
病院にいくと「剥離骨折」と診断され、全治3ヶ月と言われたそうです。

母は今も正座をすることができません。
今は家族と別々に暮らしている私ですが、たまに実家に帰って、母が笑顔で台所から足を引きずりながら迎えてくれると、胸が苦しくなります。

「あんたの好きなひっつみ汁作ってたの」

母の優しい言葉が今でも私を苦しめています。

出典:http://toro.2ch.sc/occult/

 
  • 匿名

    健康と幸せを願えば可能かも ね

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★