【怪談】幽霊タクシー/HN:ロビンM

市街地を抜け、メイン道路の国道へ出るまでに真新しい歩道橋の掛かった小さな交差点がある。

深夜一時過ぎ、一台の黒いタクシーがその交差点の手前で停車した。

辺りは少し前から降り出した小雨がパラつき路面を濡らしている。歩道橋の下で白いコートを羽織った若い女性が、傘もささずに手を上げていたのだ。

この片側二車線の道路は新興住宅地と国道を結ぶ近道を目的として作られた道路で、その利便性の良さから昼夜問わずに交通量は多いが、まだ開通してから10年程しか経っていないそうだ。

だが、この道を造るにあたり夥しい数の墓石や、それを祀っていたのであろう社が撤去された事は、今の若い世代には余り知られていない。

交差点の側にはそれらを祀る為の供養塔が建てられており、3時間置きに塔の上段に備え付けられた鐘がここら一帯の平和と鎮魂の念を願って、数種類の柔らかなメロディーを奏でている。

しかしその想いも虚しく、この交差点では10年間に5人もの自殺者を出し、見通しが良いにもかかわらずなぜか頻繁に死亡事故が起こり、計20人以上もの死傷者を出している。ここが「魔の交差点」と呼ばれる由縁でもある。

この道20年のベテランドライバーはサイドブレーキを引くと、素早く運転席のドアを開けた。社訓により自らが車を降り、お客様が乗る後部座席のドアを開けて安全に中へと誘導するのが規則だ。

「いらっしゃいませお客様、今回は当社をご利用頂きありがとうございます!さてどちらまで向かいましょうか?」

「 ………… 」

返答が無いので、ルームミラーをお客様の顔に合わせ直して、もう一度ミラー越しに訪ねてみる。

「お客様、このまま真っ直ぐで宜しいでしょうか?」

「…はい、おねがいします」女性は弱々しい声でそう答えた。

車は国道をぶった切って人気の無い山道へと差し掛かった。ここから先は延々と山の景色だけが続き、隣町までは軽く30分以上はかかる。

「お客様、このまま真っ直ぐに進んでも宜しいでしょうか?」

「…はい 」

女性は真っ青を通り越して、真っ白な顔色をしており、濡れた髪の毛がベタリと首に巻き付いているが、女性はそれを拭おうともせずにただジッと窓の外を見つめている。

「……… 」

運転手の脳裏に、先日の嫌な記憶が蘇った。

休憩時に待合室で同僚が話していた内容。

「 深夜にあの交差点で乗せた客が隣町の澤田病院まで行ってくれって言うもんで山道走ってたらさ、トンネルの手前で急に降りたいって言い出してな…こんな何も無い所になんの用事かな?って思ってたら誰も触れてないドアが急にバン!と開いたんだ。そしたらその女、大笑いしながらガードレールを飛び越えて谷底に落ちて行っちまったんだよ!マジだよこの話!もちろん警察も呼んで調べて貰ったんだけど遺体も何も出て来ないし、ほんとに参ったよアレには…幽霊って本当にいるんだな!そういえばあのお客、真っ白なコートを羽織ってたな…」

同僚の言う交差点とは、正に先程この女性を拾ったあの交差点の事だ。女性の隣りには、乗車する時に脱いだ白いコートが置いてある。

ゴクリ

「ま、まさかな…」

運転手は女性の動向が気になり必要以上に幾度もミラーを伺ってしまう。すると不意に女性と目が合ってしまった。

「あ、あのう…」

「は、はい?」

「…澤田病院まで…おねがいします…」

来たーー!!恐らくその時運転手の心中は恐怖で溢れかえりとても生きた心地がしなかった筈だ。しかもあと数分も走れば、例のトンネルまでもが見えて来るという絶望的な状況。

額に浮き出した脂汗をハンカチで拭いながら運転手は言った。

「お、お客様、あそこは救急形態も行っておりませんし、この時間は多分診療時間外だと思うのですが…ほ、本当に澤田病院で宜しいんでしょうか?」

お客様の行き先に疑問を持つなど、普段は絶対に言わない様な事を口に出していた。余程、切羽詰まった状況だったのだろう。

長い沈黙の後、女性が口を開いた。

「ええとあの、澤田病院てなんの事でしょうか?私そんなこと一言も言ってませんけど…」

この女性は名を佳代子といい、二十歳にして管理職を任されている。実は昨日まで高熱にうなされて会社を休んでいた。

三日ぶりに出社してみると人には任せられない仕事や雑務が山積みになっていた。一人会社に残って片付けをしていたら見事に終電を逃してしまい、仕方なくあの交差点でタクシーを捕まえたのだ。

さっきからやたらとミラー越しに運転手と目が合う。気持ち悪い。いつか新聞記事で読んだ、酔っ払った女性客をタクシーで連れ回し人気の無い所で暴行し殺害。そして遺体をトランクに遺棄したまま車を山中に乗り捨てて、自らは崖から投身自殺するという残忍かつ悲惨な事件を思い出した。

そこで、佳代子ははたと気付く。その崖って確か、この先にあるトンネルの辺りじゃなかったかしら…

「お客様、顔色がお悪い様ですが、宜しければこの先で一旦休憩入れていかれますか?」

一見、運転手は明るい話し口調だが、ミラー越しに見えるその目は全く笑っていない。ゾクリと寒気がして下がっていた熱がまた上がってくるのを感じた。乗った時から気になっていた妙に線香臭いこの車内の空気も、佳代子を更に不安にさせる。

確かあのタクシーの社名って「坂元タクシー株式会社」だった。記憶が正しければあの事件の後、すぐに社名が「大葉タクシー株式会社」に変わった筈だ。もしこのタクシーが「坂元タクシー」だったら、間違い無くこの車は「幽霊タクシー」だという事になる。

佳代子は助手席の社名プレートを確認する為、前の座席に手をつき軽く身を乗り出した。

その瞬間「ひぃ!!」と運転手が軽い悲鳴を上げた。

明らかな挙動不審に不安感が増す。早く見たいが、助手席に座っている女性の肩が邪魔をして、中々プレートの字が確認出来ない。

オリンピアタクシー株式会社

ああ違う…

どうやら佳代子の考えすぎだったようだ。プレートには全く違う社名が記載されていた。しかもオリンピアと言えば、「親切、丁寧、真心接客、お客様の為ならどこにでも駆けつけます!」がモットーで、料金的にもこの界隈では一番良心的な会社だ。

佳代子はホッと胸を撫で下ろした。

良かった…不思議な事にさっきまでは挙動不審なただの暴漢幽霊にしか見えなかった運転手さんが、今見ると人の優しそうなおじさんに見える。そもそも落ち着いてよく考えて見たら、そんな「幽霊タクシー」なんて馬鹿げた物が存在する筈が無い。自分はなんて恥ずかしい事を考えていたのだろうかと思うと、顔が赤くなり、運転手さんに対して申し訳ない気持ちで一杯になった。

「ねえ運転手さん?」

ビクりと運転手の肩が上下する。

「あの、さっき運転手さんが言っていた澤田病院の事なんですけど…」

「あ、ああす、すいません!どうも私の聞き間違いだったようで、峠を越えましたらまた行き先をおっしゃって下さい!」

運転手さんは明らかに佳代子に対して怯えている様に見える。その姿を見て、助手席に座る女性は肩を揺すりながらクスクスと笑っている。

「分かりました…てか運転手さん、澤田病院に行かれるのはもしかしてお隣りのお客さんじゃないんですか?私よりも先に乗ってらしたんだし、先に澤田病院へ行って貰っても私は全然構いませんよ?」

「お、お客様…隣りのお客さんとは?」運転手は一度だけ助手席の方をチラリと見て、また顔を戻した。

「何言ってるんですか運転手さん、私が乗る前からずっと隣りに乗ってらっしゃるじゃないですか!からかわないで下さい!」

運転手はそれを聞いて明らかに同様している。あからさまにビクビクしながらルームミラーと助手席と前方とを順番に見回しながら、段々と顔中が汗でビッショリになってきた。

「は、はは、お客様こそ悪い冗談はよして下さいよ。別のお客様を同時に乗車させる訳が無いじゃないですか、いやーまいったなぁ…ははは…まいった、まいった…」

見ると、隣りに座る女性と運転手さんとの目線の高さが全く合っていない。

「えっ?運転手さんてもしかして隣りの女性が見えてないんですか?」

その時、またふふふふ…と女性が笑った。イヤに甲高い声だ。これだけはっきりとした声と姿があるのに自分にしか見えてないとか嘘でしょ?佳代子は先週テレビで観た「ほん怖」を思い出して、少し怖くなってきた。

すると女性は自分の右手を持ち上げて、運転手さんの顔をサッと撫でる様な仕草をした。

「…ひぃ…!!」

キ、キキイイイイイイ!!!

車は軽く後輪をスピンさせながら、急停止した。

「もう!運転手さん危ないですよ!どうしたんですか?!」と、座席でしこたま頭を打ち付けた佳代子が抗議する。

「お、お客様が怖い事をおっしゃるからですよ!今車内には私とお客様しか乗っておりません、冗談は止めて下さい!」

佳代子の前に座る女性はあれ程の急停止だったにもかかわらず、どこを痛がる様子も無くまだジッと運転手さんを見つめている。

運転手さんには本当にこの人が見えてないのかしら?でも表情からしてふざけたり、嘘を言っている様にはとても見えない。

「冗談じゃないですよ。今も隣りで運転手さんの顔をマジマジと見られてますよ。髪は肩までで、服装はえっと…あっ!私と同んなじ白いコートを来てらっしゃいます!」

「えっ!…白い…コートですか?!ひい!」

そう言えばこのタクシーに手を上げた時ワイパーが回っていたせいか、助手席の女性には全く気が付かなかった。運転手さんの言う通り、今思えば何故、先客が乗っているのに自分を乗せたのだろうかという疑問が残る。佳代子はもう一度助手席のその女性に視線を戻した。

するといつの間にか女性は身体を前に向けたまま、首だけがグニャリと90度以上も曲がり、両座席の間から佳代子を見つめていた。

その顔は先程とは違い、なんの感情も持たないかの様な無表情に変わっており、今まで見えなかった左目部分は抜け落ちているのか、そこだけがぽっかりと空洞になっていた。

ぽっかりと浮かぶ満月の下、寝静まる山間の中腹辺りで闇を切る様な叫び声が木霊した。

「ぎゃあああああ!!!」

慌ててタクシーを飛び出して来た佳代子は、最初に見えた高さ二メートル程の立て看板の裏に身を隠した。

「うわあああああ!!!」

少し遅れて運転席のドアがバン!と開き、タクシーの運転手が飛び出して来た。そして佳代子と同じように看板の裏へと身を隠した。

「はあ、はあ、お客さん!見たんですか?見たんですよね?し、白いコートの女!見たんですよね!」

運転手は佳代子の両腕を掴み、ガクガクと揺すりながらそう言った。酷く錯乱している様子だ。

「い、痛いです!離して下さい!見ました、見ました!目が取れた女の人が乗ってました!ちょっ!痛いですから、とにかくこの手を離して下さい!」

運転手は佳代子から手を離すと、自分の顔を両手で覆い、激しく擦り出した。

「さ、触られたんです!何かに!顔を撫でられたんです、アレは間違い無く人の手の平の感触でした!うわあ気持ち悪い!気持ち悪い!勘弁してくれー!!」

そう言うと、運転手は座り込み頭を抱えて唸り出した。

「へぇ、こんなおじさんでも、幽霊見たらこんなに怖がるんだ…」

佳代子はそんな運転手の慌て方を見て、逆に少しだけ冷静さを取り戻していた。

落ち着いて、先程見たばかりの女性の顔を思い出す。

暗い車内で見てもくっきりと全体が浮かぶ程の真っ白な顔。目玉の抜け落ちた左目部分の空洞。額から鼻を伝って顎にまで伸びた一本の太い血の筋。そしてこれ以上に無い程の醒めた冷やかな表情。

佳代子は、人生でこれだけ恐ろしい顔を今までに一度も見た事が無かった。

「お、お客様!そう言えば今思い出しました!大丈夫です!多分…ここでジッとしておれば大丈夫です。会社の同僚がアレと同じ物を見て言っておりました!」

幾分、落ち着きを取り戻したのか?運転手は看板の白い脚に身体を預けながらそう言った。

「 白いコートの女…同僚が乗せた時は一人で車から飛び出して、何も言わずに崖の下へと消えて行ったそうです…その時と場所も時間もほぼ同じだ。ほらあそこを見て下さいお客様…」

そう言うと、運転手は数十メートル先に聳え立っている山を指差した。見ると、その山の腹にはぽっかりと大きな穴が口を開けており、その中でぼんやりとオレンジ色の明かりが灯っている。

「ああ…トンネル…ですか?」

運転手は頷いた。

「そうここです。間違い無い。恐らく私達はあの霊にここまで連れて来られたんだと思います。偶然にしても出来過ぎてる。まあこれは私の推測に過ぎませんが、あの女性はこの裏手の崖の下にでも落ちて亡くなられたのではないでしょうかねぇ…」

さっきまであれ程取り乱していた人間と、とても同じ人とは思えない程に落ち着いて話す運転手。

「じゃ、じゃあもしかして、その発見されていない遺体を見つけて欲しいって事ですかね…私達に?」

「そういう事かも知れません。この後、彼女の霊体が崖から飛び降りたら、私達は直ぐに警察に通報して、この辺り一帯を隈なく捜索して貰う様、頼み込まねばなりません。それが彼女の願いであり、私達の責任でもあります!」

運転手さんが何を根拠にここまではっきりと言い切っているのか、佳代子には理解出来なかったのが正直な気持ちだが、この際運転手さんのその推測とやらを信じる事にした。

「じゃ、じゃあ私達が危害を加えられる心配は無いって事ですか?そういう事ですよね?ね、ね?」

運転手は頷きながらにこりと微笑み、右手の親指を立てて見せた。

数分が過ぎた、いやもしかすると数十分かも知れない。

佳代子と運転手はあれからお互いに言葉を交わす事も無く、白い立て看板の裏で静かにその時を待っていた。

道路上に放置したままのタクシーには今の所これといった異変は起きていない。あの女性がまだ車の中にいるのか、いないのか、それさえもここからでは陰になっていてよく分からない。

しかしいくら車から距離を取っているとはいえもし、万が一、車内から血だらけの女が飛び出して来て追いかけられたとするならば、到底逃げ切れる自信は無い。もうこれは運転手さんの言葉を信じて、祈るしか無い…

ガチャリ

と、その時タクシーの助手席のドアがゆっくりと開いた…

「……… 」

二人の視線の先、完全に開け放たれた黒いタクシーの助手席のドア。

そこから、のそりと姿を現した女は暫くジッとその場に突っ立っていたが、何かを思い出したかの様にゆっくりと左右を見渡し始めた。

幸いあの調子では、まだ自分達の存在はバレてはいない様だ。

満月の照明が彼女のその顔を照らす。

赤い。

それは車の中で見たあの真っ白な顔では無く、頭の上から滝の様に流れ出てくる、真っ赤な液体で余す所無く染められた正に血塗れの顔だった。そしてその血は首を伝い、白いコートの前の部分までをも赤く侵食させている。

「ひっ!!!」

運転手が悲鳴を上げそうになり、慌てて佳代子が隣りの口を塞ぐ。

女が一瞬、こちらを見た様な気がしたが、またすぐにその顔は向こうを向いた。

「だ、ダメですよ運転手さん声出しちゃ!てか見えてるんですか?運転手さんにもあれが…?」

佳代子に口を押さえられながらブンブンと頭を縦に振る運転手。

先程は運転手の同僚の言葉を信じ、自分達に危害は無いと一度は安心した二人であったが、いざもう一度この女を目の前にするとそうは言っていられない。

とても生きた心地がしない。

しかも運転手に至っては初対面である。車の中よりも数段恐怖度を増したこの「赤いコートの女」を見て、佳代子は自分の心配よりも運転手の心配をせずには居られなかった。

「運転手さん大丈夫ですか?私達、まだ気付かれてないみたいですから絶対に声は出しちゃ駄目ですよ!早く飛び降りてくれる事を願いましょう…」

「…ひぃあ!!」

その時、女の方を見ていた運転手が突然恐ろしい表情になり悲鳴を上げた。つられて佳代子もその視線の先を見る。

うふふふふふ…ははははは!!!

「………!!!」

距離にして数十センチ。立て看板のすぐ向こう側に、身を震わせて笑う血だらけの女が立っていた。

衝撃の後半へ続く(期間未定)

 
  • 匿名

    いつもメッセージをありがとん

     
  • アレア

    ロビン氏の作品はテンポがいいですね。
    助手席の女の霊は悪霊なのかいい霊なのか後編が気になります♪

     
  • 匿名

    衝撃なの?ラグトさんの幽霊タクシーのほうが怖い気がする、後半に期待

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★