【不思議】神棚の小人

116 本当にあった怖い名無し 2012/07/28(土) 06:48:02.89 ID:t+EVO0W70

自分が小学生の頃、当時一緒に暮らしてた祖母から聞いた話です。

祖母は数十年前から視力を失い、現在養護施設の盲人フロアにお世話になっているのですが、
その祖母が視力を失うきっかけになったのが、「神棚の中で楽しそうに遊ぶ二人の小人」を見たという事でした。

小さな観音開きの扉が真ん中にある、横幅1mもない神棚。
今も現存しているその中で、二人の小人が扉を開けて入ったり出たりしながら楽しそうに遊んでる光景を見た時から、それまでは普通だった視力がいきなり落ち、遂には光まで失ったそうです。

自分はこれを寝る時に読んでくれる童話のように聞かせてもらいました。当然眠れなくなりましたが(笑)。
数日後に母(祖母の長女)にこの話をしたら、「あら、聞いたの。私にも一回だけしかしてくれなかった話よ」と言っていました。

祖母は盲目の三味線奏者で、○○流の名取でもあります。
朝、布団の中でぐずぐずしてると、耳元でアタックの強い津軽三味線を弾いて叩き起こされた事は、今となっては素晴らしい思い出です。

出典:http://toro.2ch.sc/occult/

 
  • 匿名

    てかっ
    目ぇ光ってたんですけど…

     
  • 匿名

    黒い小人が、神棚に向かっているのを見たことあるな
    まともに見たらヤバイのか・・

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★