【心霊】歩きタバコにご用心/HN:ロビンM

公園についた俺は、買ったばかりの新しいショートホープの封を開け、その一本を咥えた。

ふうう…

深く吸い込んだ白煙を、口と両方の鼻の穴から吐き出した。

この一服目が実にうまい。

今日も元気な子供達が公園内を楽しそうに走り回っている。

その傍で、まるでゴミでも見るかのように顔を顰めて俺をにらむお母さん達。

「ああ、そうか」

この公園が全面禁煙になったのは、去年からだったろうか?

ベンチから立ち上がると、タバコをを咥えたまま公園を後にした。

俺は今年で35になった。

て、事はタバコを吸い始めてから丸25年目だな。

悪い先輩に進められて吸い始めてからというもの、いまに至るまで休む事なく3箱のタバコを毎日毎日吸い続けている。

所謂、チェーンスモーカーだ。

もう俺の肺は真っ黒だろう。

最近では慢性的に右の胸が締め付けられるように苦しかったり、朝起きたら喘息のような咳が止まらない事も度々ある。

タンも絡むし、少し走っただけで息があがる。

値段も、俺が吸い始めた当時から比べると倍ほどの値段にまで跳ね上がっている。

毎日タバコ代だけで野口英世さんが一枚ヒラヒラと飛んでいく。

この歳でまだフリーターの俺にとっては中々に辛い出費だ。

じゃあタバコやめたら?って言われるかも知れないが、残念ながら俺にはタバコをやめられない理由がある。

俺は普通の人にはない特殊能力があるんだ。

それは霊感だ。

しかも、そんじょそこらの霊感体質の人とは一線を置くほどの強烈な霊感を産まれながらにして持ってしまっている。

物心ついた時から、俺の周りには様々な死人としか思えないモノたちが彷徨いていた。

たすけてー

あそぼー

いっしょにいこー

ねえきづいてるんでしょー

いたい!いたい!いたい!

おかあさん!おかあさん!

おぬしにはわしがみえておるのか?

様々な姿形をした亡者たちが、朝から晩まで休む事なく俺に付き纏って話しかけてくる。

本当、迷惑極まりない特殊能力だ。

両親も初めの内は子供にありがちな現象かと思っていたらしい。

だが、小学生に上がってからも一向に変わらない俺を見て、何度病院まで連れて行かれたことか。

もちろんお寺や神社なんかにも連れ回されたが口を揃えて「私たちの力ではどうにも出来ません!この子の力は強すぎます。残念ですが…」

いつもこんな感じだ。

やばい!さっき開けたタバコがもう切れそうだ。

早くコンビニに行かないと…

まあ、自分自信も半分は諦めていた。

確かに毎日幽霊を見ていたら慣れてはくるし、恐怖心なんかも既に無いに等しかったのだが、ウザい事には変わりなかった。

視えない人間が本当に羨ましいなと常々思っていたそんな頃に、俺はこのタバコと出逢ったんだ。

初めて煙りを吸い込んだ瞬間、クラっとして今までうるさかった落ち武者の声がぴたりと止んだ。

何が起こったか分からなかった。

吸い終わって5分もしたら、また落ち武者が近づいてきて話し始めた。

「頼ム!ワシのハナシを聞いテはクレぬか?!お主シカおらぬのジャ!」

またタバコを吸うと、落ち武者は悔しそうな顔をして消えていく。

「オ、オヌシ!それはナニを吸ってオルのダ?!」

あいつの顔は確か…俳優の西田敏行さんに少し似ていた気がする。

その時、俺は気付いてしまった。

タバコを吸ってさえいればあいつらは寄ってこない!いや寄ってこれないんだ!これでもう話しかけられる事はない!

俺は歓喜した。

あの日から俺は一度もタバコを切らした事がない。

しかし、最近ではあの公園と同じくどこも禁煙、分煙とうるさくなってきた。

歩きながら吸っていると罰金まで取られる始末だ。

喫煙者に対して、汚物でも見るような目で見られる頻度が年々増えている気がする。

「肩身が狭いな」

コンビニで買った新しいタバコに火を付ける。

「うっ!!く、苦しい!」

今までにない重い痛みが胸を襲い、堪らずその場に座りこんだ。

その拍子に買ったばかりのタバコごと車道の側溝の中に落としてしまった。

「うっ、ううう」

俺は何分間そこで苦しんでいただろうか?

咳き込んだ時にあてた両方の手には血がべっとりと付着している。

俺はもうダメかも知れない。

「大丈夫デすか? 」

中年と思しき男性の手が俺の肩を揺すった。

「うっ…きゅ、救急車を呼んでいただけませんか?」

俺は精一杯の声を振り絞って、男性にそう訴えた。

「 はてキュウキュウシャとな?キュウキュウシャとは一体なんぞヤ?」

「えっ?」

「それよりオヌシ!また出会えタノう!頼む!ワシのハナシを少しダけでも聞いテは貰えヌか?!」

「て、お前かよ!!!」

俺は心の中でそう叫び、そのまま意識を失った。

【了】

 
  • 匿名

    みんなロビン討論してますね、この場はイチロビン氏ファンの自分もひとつ物申しますが、まずエレベーターは今までにないロビン作品でかなり衝撃的でした。短いながらもぞくりとする表現力はさすがだなと思いました。で、今回の歩きタバコはロビン作品の醍醐味ともいえる霊とのドタバタ漫才さながらのやり取り。これはロビン氏にしか出せない味なんですね。
    しかし、これらの作品はロビン作品のベスト10にすると自分は8位か9位くらいです。
    数あるロビン作品の中で、夜の迎えやガラスの少年などが自分の中で最も怖さや面白さを感じた作品でした。

     
  • 匿名

    感想と全く関係ないが以前掲載した幽霊タクシーの後編はいつ掲載されるんですか?先生〆切が近いですよ。

     
  • アレア

    今回の話は落語なんかにありそうですね。
    近くにラグトさんの新作もあったので続けて読みましたが、ラグトさんの新作はじわじわくるのに比べて、ロビンさんはくすりと笑えるコミカルさがあると思いました。

     
  • た匿名

    エレベーターの話が河上レベルで心配してたが、大丈夫みたいだな。煙草の話で一本作ったか。話を聞いてくれ爺さんもう少ししつこくてもいけたんじゃないかな。面白かった。

     
    • オレオレ

      いやいやエレベーターは素晴らしいやろ?最初のと最後のが特に凄い!あの短かさでしっかりと伝わる情景、カワカミにはあれは書けんやろ!
      それから爺さんじゃなくて落武者やろ!ちゃんと読んでから批評しようなw

       
      • 匿名

        絶好調のロビンさんなら、自分の情報を入れる。今から龍と待ち合わせて飯を食いにいくくらいやる。女の情報も入れる。でないと短編で斬れない。必要を省くのは無駄を省くとは違う。これはプロットだな。話のひとつひとつが方向あさってでまとまりが良くないから最後まで引っ張る力が不足している。エレベーターは早坂氏と比較してみると良い。挑戦して前向きだが、まだ構成力及ばずの感ある。河上ならこれ以上は書けない。今回は力の配分も良く、構成も手慣れた手法を用いているから安定している。だから、話の内容が分かり易く感じる。

         
  • 突っ込みどころ満載のMOZUだけど劇場版気になる

    いいなこの話。コメント無いから失敗作?と思いながら読み始めたら見事に裏切られたよ。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★